ローソン、ご当地食材の「生カスタードシュークリーム」をエリア別に発売 アンケート次第で全国発売も!

50

2022年06月27日 07:32  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真北海道エリア限定の「あんバターの生カスタードシュークリーム」
北海道エリア限定の「あんバターの生カスタードシュークリーム」

 ローソンは6月28日より、全国8つのエリアのご当地食材でアレンジした「生カスタードシュークリーム」を各エリア別に発売する。



【その他の画像】



 2022年3月の発売以降、累計1000万個以上を販売した「生カスタードシュークリーム」と北海道、東北、関東、中部、近畿、中国四国、九州、沖縄の8つのエリアごとのご当地食材を組み合わせた。



 北海道エリアは「北海道産小豆」で作ったこしあんに、バターを合わせた滑らかな食感のあんバターと、低温でじっくりと炊き上げ、卵感をしっかりと感じられる「生カスタードシュークリーム」のカスタードの2層仕立てのシュークリームを。



 東北エリアは、シュー生地の一部に山形県産「つや姫」の米粉を使用することで、もちもちとした食感に。シュー生地表面にはホワイトチョコをコーティング。中のカスタードクリームは、米パフを混ぜ込むことでお米の風味も感じられるようにした。



 関東エリアは、カスタードクリームに栃木県産「とちおとめ」のいちごピューレを合わせ、シュー生地には、いちごコーティングしたクランチ、ドライストロベリーをトッピングした。



 中部エリアは静岡県産クラウンメロンのピューレを合わせたホイップクリームと、低温でじっくりと炊き上げ、卵感をしっかりと感じられる「生カスタードシュークリーム」のカスタードクリームの2層仕立て。



 近畿エリアは六甲山牧場の牛乳で作ったカマンベールチーズペースト(※チーズに占める割合が六甲山牧場チーズ19%使用)、北海道産生乳100%使用のクリームチーズ、北海道産生クリームのホイップを合わせたチーズクリームと、「生カスタードシュークリーム」のカスタードクリームの2層仕立てのシュークリームとなっている。



 中国四国エリアは、広島県産のレモン果汁で作ったレモンピューレとサワークリームを合わせさっぱりとした味わいに仕立てたレモンクリームと「生カスタードシュークリーム」のカスタードクリームの2層仕立て。シュー生地はグレーズコーティングしている。



 九州エリアは福岡県産八女茶パウダーとホイップクリームを合わせた八女茶クリームと「生カスタードシュークリーム」のカスタードクリームの2層仕立てのシュークリーム。



 そして、沖縄エリアは沖縄県産紅芋(むらさきほまれ)パウダーとホイップクリームを合わせた紅芋クリームと「生カスタードシュークリーム」のカスタードクリームの2層仕立てのシュークリームとなっている。



 各エリアで発売後は、アンケートをエリア別に実施し、総合満足度がもっとも高かったものを9月6日に全国発売する。


このニュースに関するつぶやき

  • 味噌味じゃなくてよかった←
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(27件)

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定