すぐ投票で決めたがる子供たちと、議論を敬遠し人に深入りしない時代

2

2022年06月27日 10:02  ITmedia NEWS

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真LINEのグループ内で利用できる「投票」
LINEのグループ内で利用できる「投票」

 6月22日に第26回参議院選挙が公示され、選挙戦がスタートした。投票とは、自分の意思を表示する方法の1つとして、小学校の頃から慣れ親しんだ方法である。ネット上でもさまざまな投票ツールが公開されており、Twitterには「Twitter投票」、Facebookにはグループ内で「アンケート」、LINEにはグループ内で「投票」という機能がある。



【その他の画像】



 主に日程調整や参加人数を確認するために使われるケースが多いが、筆者は友人が面白いアンケートをやっていたら、わりと積極的に答える方である。これによって自分が多数派なのか少数派なのかを知るのは、楽しい。



 投票とは基本的に、あくまでも自分の軸が動かない、動かす必要がない場合の行為である。ところが、東京外国語大学の大石高典先生が、ちょっと気になるツイートをされていた。



 これにはすごく考えさせられた。思い当たるフシがいろいろあるのだ。



●決められない子供たち



 筆者の子供達も中高生になり、親が遊びに連れて行かなくても友だちと勝手に遊ぶようになってきた。



 それはそれで結構なのだが、LINEのような連絡ツールが発達しているにも関わらず、どこに遊びに行くのか、何をするのかといった肝心なことがなかなか決まらない。子供の予定が決まらないとこちらの予定も決まらないので、はやく決めろと催促するのだが、どうにも話が進まない。同じ思いをしている保護者の方も多いのではないだろうか。



 よくよく話を聞いてみると、本当に今の子達は「決め事」に弱いということが分かってきた。まず誰かが案を出しても、それに乗ってこない。誰かが「おもんな」「つまんね」と言い出すと、全体の雰囲気が悪くなる。「おもんな」「つまんね」には理由がないので、代案も出にくい。結局、いろいろ案を出す側が疲弊してしまい、いつまでも決まらずギリギリまで放置状態になるというわけである。



 おそらくそうした際の救世主として、LINE投票があるのだ。これまでに出たプランを投票形式にして、一番得票の多かったものを自分達の決定とするのは、調整もいらず決定も早いので、すぐ次のステップに行ける。



 この方法では、リーダーがいらない。子供社会のリーダーは、決定権はないのに決定事項の責任だけはとらされる。「まとめ役」ではなく「怒られ役」としての機能しかないのでは、誰もリーダーをやりたがらない。



 部活動の様子などを見ていると、子供たちは小さいことの意見の食い違いの場においても、なるべく議論を避ける傾向にある。小さい頃から「いじめ」をなくすために、人の個性は尊重しなさいと教えられてきた。それがどうやら、違う意見や好みは個性であり、それを議論によって変えさせるのはいけない、触れてはいけないと思っているのではないか。



 一方大学では、高校までの一方的な学びとは違い、自主的な研究や議論の成果が求められる。上記のツイートから想像されるのは、ゼミなどなんらかのグループで調査や研究テーマを決めるとか、そうしたケースなのだろう。



 グループにおいて共通の目的を決めるにあたり、「話し合え」と言っているからには、アイデア出しから始まって絞り込みのプロセスを経て、複数のアイデアだと思われたものが実は同じ話だったことに気づいたり、2つのアイデアが1つに融合したりといった発展が期待される。



 だが投票は、すでに自分の中に答えがあり、それと同じ者が何名いるかをカウントする行為である。答えとはいっても、その答えが出たプロセスを誰も、本人すらも考える時間はないので、単なる「好み」やこっちのほうが楽なんじゃないかという「カン」に過ぎない。



 数が多いものが採用されるなら、そこに理由のぶつけ合いはない。大学生にもなって議論というものを知らないわけではないだろうが、特に仲のいいわけでもない、たまたま同じ学科、同じゼミというだけの者達と議論して、タダでさえちょっとギクシャクしている関係が余計悪くなるというリスクは取れない、ということではないか。



●高度情報社会のバグ



 一方大人でも、別の理由から議論を敬遠する傾向があるように感じられる。



 先日もPTAのクラス役員選出が行なわれたのだが、選出方法改善の議論に全く進展がなく、面倒を避けて手短かに終わることが最優先された。詳細をここに記すと長くなるのでご興味のある方は筆者のnoteのほうを参照いただくとして、人的な対立が起こることも厭わず、短時間で会議が終わることが最優先されるというのは、異常な世界である。



 時間がない、早く帰りたいということなのかもしれないが、もう1つの可能性として、一種の「曖昧さの回避」の意図が強い社会になっているのではないかと、先のツイートを読んで考える。



 もともと「曖昧さの回避」とは、正しい結論が得られる確率は同じように不確かでも、数値的に確率が明示されているほうを選びたがるという人間の特性を表わす。つまり、曖昧でないほうが、リスクが避けられると錯覚するわけである。



 これを先ほどの話に展開すると、着地点のよく見えない議論でいつまでも役員が決まらずに不安定な状態が長く続くことが不愉快で、くじ引きでもなんでもいいから一刻も早く安定状態へ移行したいと考える人が増えたのではないか。



 これは裏を返せば、社会全体が効率化を求めるあまり、意志決定に時間がかけられない、常に即答即決が正しいと考えるようになっているということであろう。



 例えば買い物1つとってみても、そこに来て初めて見るものなのに、なんとなく「早く決めなきゃ」と思ってしまうことはないだろうか。連れがあれば「まだ?」と言われてしまうし、店員さんには「お客様何かお探しでしょうか?」と、早く解決することを求められる。店員さんを小一時間も散々引っ張り回したあげく、「じゃあゆっくり検討してまた来ます」と言えるような人は、客として嫌われることは皆わかっている。



 議論は、相手がどのような意見を出してくるのか不確実で、どのような結論に着地するのかが見えない。また自分にこうなって欲しいという強い希望があった場合、それは議論ではなく「交渉」である。妥協案や落とし所で納得出来なければ、結果はどこにも着地できない。また相手がどうしてもこちらの要求を飲まない場合、あるいは相手の要望が通った場合、それは「負けた」ことになる。



 リスクの程度が測定できない議論をするぐらいなら、希望を募って多いものを採用した方が、数値的に測定できる。アンケートは議論の代替なのではなく、不安定な結果を避けるための意志決定装置の位置に座りつつある。



 もちろんこれは、大きな問題だ。複数人の知恵を集めて、1人では達し得なかった結論を得ることは、人間社会の発展に欠くことができない。ただそこまで言っても、筆者は学生達がアンケートに走る気持ちを責めることができない。



 教育によって、人との摩擦を極力避けるようプログラムされてきたという側面が1つ。さらにもう1つ、「その程度の問題ならすでに過去問に答えがある」という、高度情報社会に生きているという側面があるからだ。ネットで調べれば、複数の成功例や失敗例が見つかるので、その中から選べばすぐに最適解が得られるのに、なぜリスクをとってゼロから出発しなければならないのか。「いちからか? いちからせつめいしないとだめか?」というわけである。



 小学生ぐらいから、「議論の練習」は行なわれてきたはずだ。だが学齢が上がるに従い、「これは練習なのだ」という前提が説明されなくなっていった結果、議論に挑戦するというモチベーションが失われていった。



 誤った結論を回避したい、ハズレを引きたくないという思いは、自分の人生を自分でコントロールできないという考え方がベースにある。「親ガチャ」にも外れた今、もうこれ以上失敗できないという思いを、われわれは議論もできないのかと責められるだろうか。学生達は、高度情報化社会のバグに捕まってしまっている。



(小寺信良)


    前日のランキングへ

    ニュース設定