トヨタ、29年ぶり1-2-3-4フィニッシュ達成。ロバンペラが今季4勝目で選手権独走/WRC第6戦

0

2022年06月27日 10:30  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真優勝したカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第6戦サファリ・ラリー・ケニア
優勝したカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2022年WRC第6戦サファリ・ラリー・ケニア
 6月26日、WRC世界ラリー選手権第6戦『サファリ・ラリー・ケニア』の最終日となるデイ4が、ケニアのナイバシャを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組が優勝し、2022シーズン4勝目を飾った。また、チームメイトのエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組が総合2位に、セバスチャン・オジエ/ベンジャミン・ヴェイラス組は総合4位に入り、TOYOTA GAZOO Racing WRTネクストジェネレーションから出場の勝田貴元/アーロン・ジョンストン組が総合3位表彰台を獲得したことで、4台のトヨタGRヤリス・ラリー1が今大会の1位から4位を独占した。

 伝統のサファリ・ラリーの競技最終日は、ナイバシャ湖近くのサービスパークを中心に設定された3本のグラベル(未舗装路)ステージを午前と午後のループに分け、その途中にミッドデイサービスを挟んで各2回走行するフォーマットで実施された。

 前日のデイ3では午後の2SSが降雨の影響でウエットコンディションとなったが、この日は一時的に小雨が落ちたものの基本的には曇天となり、路面はおおむねドライコンディションが保たれた。

 そんなラリー最終日を、総合2番手のエバンスを40.3秒リードして迎えた首位ロバンペラは、デイ4午前の2本目となるSS15でベストタイムを記録。その後もタイム差をさらに拡げ、最終的にはギャップを52.8秒として優勝を果たした。21歳のフィンランド人はこれでシーズン6戦4勝。ライバルたちを圧倒する強さを見せつけ、今戦終了時点でドライバー選手権におけるリードを65ポイントに拡大している。

 チームメイトに次ぐ総合2番手でデイ4に入ったエバンスは、前日の中盤にロバンペラから15秒差に迫ったものの、泥の中での戦いとなった1日の終盤の2ステージでフロントウインドウのクリーニングに問題を抱えてペースを落とさざるを得ず、タイムを失ってしまった。

 逆転が難しくなったことから最終日は堅実な走りを続け総合2位を獲得。今シーズン2回目となるポディウムフィニッシュを果たした。

■勝田貴元が2年連続でサファリの表彰台に立つ

 2021年のサファリ・ラリーで優勝争いを繰り広げた勝田とオジエは、それぞれ総合3位、総合4位でのフィニッシュに。勝田は昨年以上に困難なコンディションとなった2022年のラリーをクレバーに戦い、途中ハイブリッドブーストがなくなるなど、いくつかの小さなトラブルに見舞われながらも、それらを乗り越え総合3位表彰台を獲得した。昨シーズン途中から勝田のコドライバーを務めているジョンストンにとっては、記念すべきWRC初ポディウム獲得となっている。

 一方、オジエはデイ2で首位に立ちながら、同日最後のSS7でタイヤにダメージを受け交換を余儀なくされたことで約2分を失い、総合6番手に後退してしまう。そこから順位を挽回し、最終日はGRヤリス・ラリー1のワン・ツー・スリー・フォー・フィニッシュを最優先する走りに徹しながらも、最終パワーステージ(SS19)では3番手タイムを記録し自身とチームにボーナスポイントをもたらした。この結果、TGR WRTは上位2台が獲得したポイントとオジエのボーナスポイントにより、マニュファクチャラー選手権におけるリードを62ポイントに拡げている。

「サファリ・ラリーでの1-2-3-4フィニッシュは、なかなか実現することができない稀に見る結果だ。トヨタにとっては、約30年前にセリカで達成した時以来の快挙であり、チームとドライバーの素晴らしい仕事ぶりには感謝するしかない」と語るのは、TOYOTA GAZOO Racing WRTのヤリ-マティ・ラトバラ代表。

「トヨタGRヤリス・ラリー1の開発においては、何よりも強くて信頼できるクルマを作ることに重点を置いた。今回のラリーではそれがもっとも重要なことであり、難しいコンディションのなか、クルマは本当によく走ってくれた」

「ドライバーたちも、このラリーで必要とされるスマートな走りを実践してくれた。個人的な野心よりも、チームのために結果を出そうとしてくれた彼らの姿を見て、感銘を受けた」

 トヨタ車のサファリ・ラリー優勝回数は今回で節目の10回目に到達。WRC表彰台独占は2019年のラリー・ドイチェランド以来だ。なお、ワン・ツー・スリー・フォー・フィニッシュは1993年のサファリ・ラリー以来、29年ぶりの快挙となっている。
    ニュース設定