「転生賢者の異世界ライフ」広報担当ユニット「スラちゃんず△」に直撃インタビュー!「メンバーみんな、スライムっぽい」

0

2022年06月27日 13:02  アニメ!アニメ!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

アニメ!アニメ!

写真「転生賢者の異世界ライフ」広報担当ユニット「スラちゃんず△」
「転生賢者の異世界ライフ」広報担当ユニット「スラちゃんず△」
7月4日から放送予定のTVアニメ『転生賢者の異世界ライフ』。本作は『失格紋の最強賢者』などで知られる進行諸島のライトノベル『転生賢者の異世界ライフ 〜第二の職業を得て、世界最強になりました〜』を原作とする異世界ファンタジー作品だ。ブラック企業に務める社畜・佐野ユージが突如異世界に転生し、冒険者に不向きな「魔物使い(テイマー)」となるが、仲間にしたスライムたちのおかげで圧倒的な力を手に入れる、無自覚無双の冒険ドラマだ。

本作には、主人公ユージに付き従うスライムが多数登場する。にぎやかなスライムたちの生態は本作の魅力の一つとなっており、本編でも活躍する場面がたくさんあるが、そんなスライムたちを演じる6人の声優がユニット「スラちゃんず△」を結成。放送前から番組広報を担当し、エンディングテーマ『ごはんだヨッ!ダダダダン!!』も歌っている。

アニメ!アニメ!では「スラちゃんず△」の6人、遠野ひかる、菅野真衣、三川華月、久遠エリサ、大森日雅、花井美春にインタビューを実施。本作の魅力やユニット活動の楽しさなどについて聞いた。

[取材・文:杉本穂高 撮影:吉野庫之介]



個性豊かなスライムたち

――まずはみなさんが演じたキャラクターをそれぞれ紹介していただけますか。

遠野:この作品はスライムがとってもたくさん出てくるのですが、その中で特に特徴のない基本的なスライムを演じています(笑)。スライムといえばこうだよね、というマイペースで食べるのが大好きで臆病な子です。





菅野:私が演じるスラパッチは、右目に眼帯をつけたスライムで、周囲に敏感でいち早く何かに気がつくスライムです。眼帯をつけているのは見えないからではないらしいですが、その理由はまだ明らかになっていないです。多分中二病だと思います(笑)。





三川:マユスラは食べるのが好きなスライムの中でも特に大食いで、自分がこうしたいと思ったら真っすぐ突き進むマイペースなスライムで眉毛が生えています。





久遠:スラハッパは、マイペースなスライムの中でもとりわけのんびりしている子です。葉っぱがツインテールみたいについていて、何に対しても「楽しそう」と言って楽しめてしまう元気いっぱいな子です。





大森:ヒゲスラは見た目の通り髭のあるおじさん風スライムで、「〜ですぞ」という特徴ある語尾をつけて話します。ちょっと他のスライムより精神年齢が高くて、可愛いおじさんをイメージして演じています。





花井:ペケスラはやんちゃで顔に傷を作っているスライムなんですが、小学校低学年男子っぽいというか自信家で、いつでも颯爽とユージの命令をこなしてくれます。





――個性的なスライムが多数出てくる本作ですが、本作の魅力はどんな点にありますか。

遠野:やっぱり主人公のユージがローテンションなのに相手をばっさばっさと倒していくところだと思います。そんなユージに、ワイワイとついていくスライムたちが可愛くて、テンションの低いユージとのギャップが際立っていて面白いです。アフレコはこのご時世なので、集まって収録はできなかったのですが、先に録ったスライムの声を聞きながら収録すると、耳の中がすごく騒がしかったです(笑)。

――収録はみなさんバラバラだったのですか。アフレコ時の思い出は何かありますか。

菅野:3人に分かれての収録が多かったです。

花井:組み合わせは特に決まってなくてランダムでしたね。

遠野:別れて収録しても前後に会えるようなスケジュールを組んでいただいていたので、待合室ではよく顔を合わせていました。あと、プラウドウルフ役の高木渉さんともご一緒することが多くて、スライム同様に可愛がっていただきました。

花井:高木さんはすごくチャーミングな方でした。

久遠:私は当時、髪の毛の色がピンクとか青とかすごいことになっていたんですが(笑)、高木さんは「僕も昔そんな感じだったよ〜」と一緒に盛り上がってくださって。

大森:そういう風にアフレコブースの空気をガラッと作ってくださるムードメーカーでしたね。本当に助かりました。

花井:高木さんのアドリブがすごかったよね。

菅野:うん。台本に台詞がなくてもキャラクターが映っている場面でアドリブされていたんですけど、あまりにも面白いから笑いをこらえるのが大変でした(笑)。それで私たちも色々トライしていいんだと思いました。

大森:スライムのアドリブはかなり多かったですね。常にぴょんぴょんしてたり飛び跳ねて画面にいるので、割と自由に楽しんで演じられました。戦闘時はスライムが大量発生するので、持ち役以外のモブスライムも私たちがやっています。


ユニットでの広報活動は楽しいことだらけ

――みなさんは「スラちゃんず△」というユニットとして活動されていますが、ユニットメンバー同士の印象はいかがですか。

菅野:みんなどこかしらスライムっぽい要素がありますね。

――スライムの要素って何ですか。

大森:時間を感じさせない。マイペースに生きてる感じですかね。

花井:みんなマイペースだよね。

菅野:私たちがスライムに影響されてるのかもしれない(笑)。

――ユニット活動で、これまでに印象に残ったことはありますか。

久遠:綺麗な場所にたくさん連れてってもらって、美味しいご飯をいっぱい食べました(笑)。

三川:そうですね。本当にこんな楽しいだけでいいんですかって思いながらやっています。

花井:私たちは広報担当なので、広報活動の一環として映える食べ物が必要なんです。あくまでお仕事の一環です(笑)。

――今後、ユニット活動でやりたい事などはありますか。

久遠:諸国を旅行して美味しいもの食べて回りたいです。みんな言ってこ(笑)。

菅野:スラちゃんず△ワールド・ツアー!

三川:アニメでもユージたちと色々な場所に行くので、同じように色々行きたいですね。

大森:やっぱりライブがしたいです。

久遠:そうだね。せっかく歌も歌っているので聞いていただく機会が欲しいです。

遠野:広報活動も応援してくださっている方のおかげで上手くいっていますから、何か恩返しできるような機会があるといいですね。

ED曲は全員が超ハイテンション?

――本作のED曲をみなさんが歌われていますが、収録の思い出はありますか。


三川:私は歌の収録が人生で2回目の体験でした。しかもキャラクターになりきって歌うのは初めてなので、マユスラのまま歌うことを頑張りました。

遠野:スライムの声は、人物よりもマスコット寄りの声なので、スラのキャラで歌うのはかなり大変でした。ブースで歌い出した時、自分の声の大きさにびっくりしました。私はトップバッターではなく、みんなが収録したものを聞きながらレコーディングできたんですけど、これ全部合わせたら大丈夫かなと思うくらい、にぎやかでめちゃくちゃ楽しかったです。

――最初に収録したのはどなたですか。

花井:私です。

――じゃあ花井さんがみんなのテンションの基準を作らなくてはいけなかったんですね。

花井:そうなんです。当日になってもどう歌おうか決まっていなかったんですけど、応援歌とか運動会の行進のようなテンポの曲なので、手でリズムをとりながら歌ったらしっくりきたんです。ペケスラはこの中で一番声が大きいので、私もブースで自分の声の大きさにびっくりしました(笑)。

大森:私は最後のほうだったので、みんなの収録を未調整で聞いたんです。出来上がりのやつよりもはるかに大ボリュームの大合唱でした(笑)。みんなすごいなって思って聞いていたらアドリブもたくさんあったので、私もヒゲスラの「ですぞ」の語尾をどうしても入れたくて、頑張っていれてみました。最後の収録だから、どうすればみんなに負けないように個性を出せるか必死で考えましたね。尺的に「ですぞ」はアニメのEDには入らないかもしれないと言われたのですが、ちゃんと入れていただけてよかったです。

久遠:曲の中でみんなで野球観戦してるところが出てくるんですけど、実況後の見上げるとこはみんなアドリブです。

三川:実況はマユスラの私が担当していまして、他のみんながアドリブしています。

遠野:他のスライムは思い思いに個性を出しながら歓声を上げています。そういう細かいところまで聞いていただけると嬉しいです。

――最後にこれから本作を観るファンに向けて、お1人ずつメッセージをお願いします。

遠野:『転生賢者の異世界ライフ』は、爽快な冒険と仲間たちとの楽しい癒し要素が満載です。OPからEDまで飛ばせないクオリティになっていますので、毎週楽しみにしていてください。



菅野:「スラちゃんず△」を応援してくださってありがとうございます。特に注目してほしいのは、戦闘シーンと癒しシーンのギャップで、私のお気に入りはユージが食通なので食べた時のリアクションがいつものクールな感じと違うんです。スライムたちも普段はフワフワしていますけど、戦闘の時はキリっとするなど時折見せる違う表情も楽しみにしていてください。SNSでの広報活動も応援よろしくお願いいたします。



三川:ユージが転生前にブラック企業の社畜だったことを念頭に置いてもらうと、作品の世界がすごく優しく見えてくると思います。エンディングが終わった後もテレビを消さずにいると、何かいいことがあるかもしれないので、毎週最後まで観てください。



久遠:スライムたちの癒し要素も見どころですが、戦闘シーンは迫力満点でカッコいいシーンが盛りだくさんです。無自覚無双のユージの活躍でスカッとした気分になっていただければと思います。



大森:原作以上にスライムに個性があって活躍するので、原作を読んでいる方にもより楽しんでいただける内容になっていると思います。スライムたちがとにかく元気で、何も考えずに楽しめる作品になっているので、日々の疲れを忘れて楽しんでいただけると嬉しいです。



花井:もう全部言われちゃいました(笑)。えーっと、この作品は、コメディとシリアスのバランスが良くて、敵も愛すべきキャラクターになっていて笑えるシーンもたくさんあります。『転生賢者』に出てくる全てのキャラクターを愛していただきたいですし、私たちも「スラちゃんず△」として広報活動を通して、この作品をもっと色々な人に知っていただくために頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。




(C)進行諸島・SBクリエイティブ/転生賢者の製作委員会

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定