中島裕翔主演『純愛ディソナンス』、主題歌はHey!Say!JUMPの新曲『Fate or Destiny』

0

2022年06月28日 08:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真ドラマ『純愛ディソナンス』の主題歌を担当するHey!Say!JUMP
ドラマ『純愛ディソナンス』の主題歌を担当するHey!Say!JUMP
 Hey!Say!JUMPの中島裕翔が主演を務め、吉川愛と共演する7月14日スタートのドラマ『純愛ディソナンス』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の主題歌が、Hey!Say!JUMPが歌う新曲『Fate or Destiny』に決定した。Hey!Say!JUMPがフジテレビ系ドラマの主題歌を担当するのは6年ぶり。

【写真】中島裕翔、吉川愛、高橋優斗らが“純ドロ”な関係性に『純愛ディソナンス』ポスター完成

 本作は、新任音楽教師・正樹(中島)と生徒・冴(吉川愛)の“純愛”を軸に話が進む完全オリジナルストーリー。常にタブーと背中合わせな2人の純愛が次第に周囲を巻き込み、やがて“ディソナンス=不協和音”となりドロドロな展開を生み出していく。

 前半は、とある高校が舞台。新任の音楽教師としてやってきた正樹だったが、校内は正樹の前任教師の失踪事件で大きく揺れていた。単なる教師と生徒という間柄で出会っただけの2人が、徐々に絆を深めていく…。正樹はいつしか自分の中で冴に対する特別な感情に気付き始める。決してそれを恋だと認めたくない正樹と、恋だと信じて疑わない冴。本心で向き合えないまま決別する2人だが、ひょんなことから5年後に再会。冴は成人を迎え、2人の間には障害は何もないはずだった。しかし、正樹には妻がいた―。

 5年後の舞台では“セカンドパートナー”という昨今話題となっている新しい概念も加わり、より複雑な関係性に。青春と恋とサスペンスを描く第1部。そして恋と仕事における女同士・男同士のバトル、さまざまな思いが交差する大人の人間模様を描く5年後の第2部。随所に事件性、エキセントリックな展開がちりばめられる。

 Hey! Say! JUMPの新曲『Fate or Destiny』は、不確実な愛を奏でる2人の物語を歌った楽曲。決して結ばれることのない2人の関係性は“運命”か、それとも“宿命”か。結ばれることが許されないのなら、出会った意味は何なのか…正樹と冴のタブーな純愛を描く今作にふさわしい詩となっている。イントロは切ないギターメロディーが印象的で、サビに向かうにつれ“結ばれない”関係に苦慮する思いが壮大なメロディーとして表現されている。

 本作の森安彩プロデューサーは、「主題歌制作チームとドラマチームで密にコミュニケーションを取り、ドラマの世界観をしっかり共有できました。その結果、とても力強くかつ繊細でエモーショナルで、ドラマにぴったりリンクする素敵な楽曲に仕上げていただきました。音楽と映像、全スタッフキャストが一丸となって作り上げた今作、ぜひ皆さまにもご堪能いただけたら幸いです」とコメントを寄せた。

 木曜劇場『純愛ディソナンス』は、フジテレビ系にて7月14日より毎週木曜22時放送(初回15分拡大)。
    ニュース設定