<2人目妊娠中>つわりが辛くてまだ赤ちゃんの上の子をかまってあげられない!みんなはどうしてた?

1

2022年06月28日 10:21  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

さまざまな心身の不調が現れる妊娠。中でもつわりは何をしても辛く、家事も仕事もままなりませんよね。上きょうだいがいると体調が優れなくてその子のことを優先できないという悩みはよく聞きます。ママスタコミュニティにも第2子妊娠中の投稿者さんからこのような悩みが吐露されました。
『2人目妊娠中につわり酷かった人いる? 上の子まだ9ヶ月なんだけど抱っこあまりしてあげられないし、寝ながらしかかまってあげられてない』
現在妊娠中だという投稿者さんは、生後9カ月の子どもがいるママ。つわりの症状が辛く、上の子を抱っこしてあげることもできないためママたちに意見を求めていました。この投稿に対してどのような体験談やアドバイスが寄せられたのでしょうか。

つわり中の今はだらだらしながら遊んであげれば十分!


『まだ9ヶ月じゃ外行きたがらないし2歳差より楽だと思う。ゴロゴロしながらおもちゃで遊んだり本読んだりで十分だと思う』
『私も今妊娠中で上の子とは2歳差になるよ! つわりの時期は実家に預かってもらったりアンパンマンをつけて30分だけ寝たり。つわりが終わってからはなるべく外に出てる』
『私も2人目妊娠中は毎日ソファーで寝ながら桶もってそこに吐いてたよ』
投稿者さんと同じように第2子妊娠中に、つわりと上の子のお世話のはざまで苦しんでいたママたちは少なくありませんでした。ママたちからは横になりながらできる遊びをしたりテレビや実家に頼ったりして、なんとか乗り切ったという体験談が。今の時期は抱っこができなくても仕方がないもの。無理をしてさらに体調が悪くなっても困ります。まずは投稿者さん自身の体調を優先し、体を休めながら絵本やおもちゃなどで遊ぶ工夫をすることをおすすめしていました。
『私が住んでる市は、つわりが酷いと病院で診断書を書いてもらえば、保育園預けられる。産前産後も利用できたから利用してたよ。色々調べてみたらどうかな?』
また住んでいる自治体によっては、つわりの症状に応じたサポートを受けることができるのでは? というアドバイスもありました。家庭内保育が難しいと判断されれば保育所やベビーシッターなどを利用できるかもしれません。自治体のサポートは妊娠中以外にも産前産後も続くケースもあるので、自治体のホームページや窓口への電話などを通じて調べてみても損はないでしょう。

「つわりがひどいことがわかっていたから妊娠のタイミングを考えた」というママも


『今まさにつわり。でももう4ヶ月だから1日2回くらい吐くだけになった。2〜3ヶ月のときは起きてから寝るまで死ぬほど気持ち悪くて、寝てる間もうなされてたよ〜。でもつわりがひどいのわかってたから上の子が3歳になるまで妊娠待った』
『まわりの1〜2歳差で産んでいる人は確かにつわりがほとんどない人か実家を頼れる人ばかりだわ』
『1人目もつわりきつかったからその年の差で赤ちゃんつくる発想はなかった』
第1子の妊娠でつわりを経験したことで「この状態で上の子の育児をするなんて無理!」と思った人もいるのではないでしょうか。ママスタコミュニティの中にも、上の子がある程度大きくなって手がかからなくなったタイミングで第2子を産んだというママは少なくなかったです。そんなママたちからは「つわりが辛いことを知っているのにどうして上の子がまだ小さいときに妊活したの?」という、投稿者さんへの厳しい質問も飛び出していました。しかし、投稿者さんによると第1子のときはつわりがほとんどなかったんだとか。
『私、前回はつわりほとんどなかったから、もうしんどくてびっくりしてる』
また旦那さんとは年の差があるため、年子か2歳差できょうだいをつくる家族計画をしていたそうです。つわりの症状は人によっても異なるだけでなく、同じ人でも妊娠のたびに異なるケースがあります。上の子の妊娠でほとんどつわりがなかった投稿者さん。次の妊娠でもつわりがないだろうと思っていたものが予想と違ったことで本人も驚いているようです。こればかりはつわりの個人差があるので「つわりがひどいとわかっているのに上の子がまだ小さいときに妊娠するなんて」と他人が批判することはできないでしょう。

無理は禁物!つわりが終わったら上の子にたくさんかまってあげよう

『もう少し経てば少しは落ち着くかな? そしたら産まれるまでの間たくさんたくさん遊んであげて。今は仕方ないので手を抜けるところは抜いて、頼れるなら周りに頼りながらやるしかない』
つわり中は本当に何をしても体が苦しいのに、家事育児、仕事が何もできない罪悪感でさらに精神的にも辛くなりがち。筆者は個人的に、つわり中の妊婦さんは生きているだけでも十分に立派だと思っています。投稿者さんは上の子にかまってあげられないことで悩んでいますが、それも今だけのこと。つわりが落ち着いたらその分たくさん遊んであげれば問題ないでしょう。ちなみに筆者は上の子が2歳になる直前に第2子妊娠が判明してつわりに苦しみましたが、その時期はとにかく横になって遊んでいました。上の子と一緒に横になって絵本を読んだりお絵描きをしたり。その間は掃除もできなくて家の中は散らかり、食事も宅配やスーパーのお惣菜に頼りっきりでした。ときにはベビーシッターにお願いしたこともあります。しかしつわりが終わって体調が落ち着いてからは、取り返すように上の子を抱っこをしてたくさん遊んだ記憶があります。投稿者さんも周囲のサポートを頼りつつ、今は自分の体を大切にして乗り切ってほしいですね。

文・AKI 編集・みやび イラスト・もっちもちふっわふわ

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 1人目が8ヶ月の時に2人目の妊娠がわかりやっぱり悪阻はキツかったけど、横になりながら相手できたしどっか連れてけとも言わないし逆に良かったと思う。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定