北海道 明日にかけて200ミリ近い大雨の恐れ 回復はいつ?

2

2022年06月28日 11:42  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真北海道 明日にかけて200ミリ近い大雨の恐れ 回復はいつ?
北海道 明日にかけて200ミリ近い大雨の恐れ 回復はいつ?

今日(28日)から明日(29日)にかけて、大陸の低気圧からのびる前線が北海道付近に停滞する影響で、道内では大雨が予想されています。どの地域で、どのくらい降るのか。いつ天気が回復するのか、詳しく解説します。



●雨のピークはこれから


道内では、道南方面などで雨雲がかかり始めており、渡島半島周辺ではすでに雨脚の強まっている所があります。今後、雨雲はその他の地域にも次第に広がり、夜には全道的に雨となりそうです。今日の雨の中心は道南方面や後志地方周辺で、雷を伴って雨脚が強まり、局地的には1時間に30ミリから40ミリと、傘を差していても濡れてしまうくらいの激しい雨となる見込みです。明日も各地で断続的に雨となります。朝までは日本海側やオホーツク海側が雨の中心となり、日中以降は道南方面の山沿いの地域に雨の中心が移る予想です。明日正午までの24時間で予想される降水量は多い所で、日本海側で180ミリ、太平洋側で150ミリ、オホーツク海側で120ミリとなっています。その後、明日正午から30日の正午にかけての24時間で降る雨の量は、日本海側や太平洋側の多い所で50ミリから100ミリと、さらに雨量が増える恐れがあります。道央や道南方面では明日にかけて、大雨による土砂災害に警戒が必要です。また、全道広い範囲で、低い土地の浸水や河川の増水などにも十分注意してください。なお、低気圧や前線の動向によっては、警報級の大雨となる恐れもあります。最新の気象情報や注意報・警報などを確認するようにしてください。


●回復はいつ?


早い所では、日本海側やオホーツク海側などで明日の夕方以降に雨のやんでくる所が出てくるでしょう。30日になると、停滞していた前線は南下し、北海道の北から高気圧が張り出してくる予想となっています。朝には全道広い範囲で雨はおさまりますが、道南方面などでは日中以降も弱い雨が降ったりやんだりしそうです。なお、大雨になった地域では、雨が弱まったり、雨がやんだ後も、傾斜地や川の近く、用水路など危険な場所には近づかないようにしてください。


前日のランキングへ

ニュース設定