水木一郎、「マジンガーZ」作曲者の渡辺宙明さんを“Zポーズ”2ショットで追悼 96歳で逝去

3

2022年06月28日 11:57  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真“Zポーズ”をキメる水木さんと渡辺さん(画像は水木一郎 公式Instagramから)
“Zポーズ”をキメる水木さんと渡辺さん(画像は水木一郎 公式Instagramから)

 歌手の水木一郎さんが6月27日にInstagramを更新。23日に96歳で逝去した作曲家の渡辺宙明さんとの2ショットを公開して追悼しました。渡辺さんはアニメや特撮番組の主題歌を数多く手掛けており、水木さんの代表曲の一つ「マジンガーZ」がよく知られています。



【その他の画像】



 水木さんは、「渡辺宙明先生の突然の訃報を受けショックで言葉を失いました」と思いを吐露。渡辺さんの楽曲が世界中で愛されていることについて触れながら、「先生に出会わなかったら、今の僕はありません」「生涯現役を貫いた先生の生き方は、僕の目標です。くじけそうなときも、先生を思い出して、精一杯生きていきます」と受け取ったものの大きさについてつづっています。



 渡辺さんは1972年に「人造人間キカイダー」「マジンガーZ」の音楽を担当して以降、活躍の場を特撮作品やアニメ作品に広げ、特撮作品では「秘密戦隊ゴレンジャー」「宇宙刑事ギャバン」、アニメ作品では「グレートマジンガー」「鋼鉄ジーグ」「おれは鉄平」「野球狂の詩」などを発表しています。



 一方、水木さんは1971年からアニメ主題歌を歌うようになり、「マジンガーZ」のオープニング曲は、自ら“名刺代わり”と称する代表曲となっています。また、同曲の歌唱中に水木さんがキメる“Zポーズ”も水木さんの代名詞となってきました。



 渡辺さんへの思いの強さが伝わってくる水木さんの投稿にコメント欄にも、「宙明先生の楽曲は、私にとって子守り唄がわり、人生を教えてくれた全てでした」「たくさんの名曲ありがとうございました」「先生の作られた楽曲は、私達の心に水木さんの歌と共に有り続けます」など追悼と感謝の言葉があふれました。



 また、海外のファンとみられる人たちからも「We love him at all R.I.P.(彼のすべてが好きでした。安らかにお眠りください)」「Thank you I love Mazinger Z(ありがとう。マジンガーZが好きです)」といったコメントが多数寄せられています。


このニュースに関するつぶやき

オススメゲーム

ニュース設定