クラフトジンを使ったシェイクが蔵前に登場。ほんのり感じるお酒の味わいで、この夏は大人な気分に浸りたい…

0

2022年06月28日 12:01  isuta

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

isuta

写真写真

東京・蔵前の再生型蒸留所「東京リバーサイド蒸溜所」に、“クラフトジンを使ったシェイク” が夏季限定で登場。

7月2日(土)より、1階の「エシカル・スピリッツオフィシャルストア」にて販売が始まりますよ。

この機会に、ちょっぴり大人なデザートを楽しんでみて。

2021年にオープンした「東京リバーサイド蒸溜所」

ウイスキーやジン、焼酎などを製造する蒸留所。東京都内には3カ所に建設されています。

そのうちの1つである「東京リバーサイド蒸溜所」は、2021年1月に蔵前にオープンした、エシカル生産及び消費に特化した世界初の“再生型”蒸留所。

さまざまな日本酒製造蔵やビール製造蔵と協業しながら、まだ活用されていない多様な原料を用いて、あっと驚くような蒸留酒を生産しているんですよ。

クラフトジンを使ったシェイクの味が気になる

東京リバーサイド蒸溜所の「チョコミントシェイク」と「コーヒーネグローニシェイク」

この夏は、そんな「東京リバーサイド蒸溜所」のクラフトジンを使用した“シェイク”がお目見え。

1階の「エシカル・スピリッツオフィシャルストア」では、「チョコミントシェイク」と「コーヒーネグローニシェイク」の2種類が、日替わりで楽しめるそうですよ。

東京リバーサイド蒸溜所の「チョコミントシェイク」

“カカオハスク”を再利用したクラフトジン「CACAO ÉTHIQUE」を使用している「チョコミントシェイク」。

トップに乗っているハーブは、蒸留所の屋上で摘んだものだといいます。

ジンの風味に、冷たいシェイクとハーブの香りが相まって、すっきり爽やかな後味をもたらしてくれそうですよね。

東京リバーサイド蒸溜所の「コーヒーネグローニシェイク」

「コーヒーネグローニシェイク」は、“コーヒー出し殻”を再利用したクラフトジン「COFFEE ÉTHIQUE」で作った一品。

オレンジが添えられたジューシーなビジュアルは、夏にぜひとも飲んでみたいですね。

ちょっぴり大人なひと時を過ごしちゃう?

東京リバーサイド蒸溜所の「チョコミントシェイク」と「コーヒーネグローニシェイク」

今回登場する限定シェイクは「東京リバーサイド蒸溜所」の2階にお店を構える、バー&ダイニング「Stage」のバーテンダーによって開発されたのだとか。

本格的な味わいを堪能できるなんて、行ってみる価値ありまくりです。

東京リバーサイド蒸溜所の「チョコミントシェイク」と「コーヒーネグローニシェイク」

あまーいシェイクもいいですが、お友達とアルコール入りシェイクを飲みながら、ちょっぴり大人なひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

「東京リバーサイド蒸溜所」夏季限定シェイク 販売期間:7月2日(土)〜終了日未定 住所:東京都台東区蔵前3-9-3 東京リバーサイド蒸留所 公式サイト https://shop.ethicalspirits.jp/

    ニュース設定