楽天が接戦を制し連敗3でストップ!則本好投、“一人一殺”継投で逃げ切る

1

2022年06月28日 21:25  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真楽天・則本昂大 (C)Kyodo News
楽天・則本昂大 (C)Kyodo News
● オリックス 2 − 4 楽天 ○
<10回戦・楽天生命パーク>

 楽天は終盤の攻防でオリックスを制し、2連戦カードの初戦を勝利。連敗を3でストップした。

 楽天打線は相手先発の宮城大弥を集中打で攻め立て、2回に8番・太田光の左前適時打、3回に4番・島内宏明の犠飛で2点を先行した。

 先発の則本昂大は4回までパーフェクトピッチングの圧巻の投球。5回以降は3イニング連続で得点圏に走者を背負ったが、右翼の岡島豪郎、左翼の和田恋の本塁補殺にも助けられながら、要所を締める投球でゲームメイクした。

 2点リードで迎えた8回裏、100球を越えて続投した則本は連打と内野ゴロの間に1点差とされ、楽天ベンチは投手交代を決断。一死三塁から火消しを託された2番手左腕の鈴木翔天は、3番・吉田正尚に一二塁間を破ろうかという打球を打たれるも、これを二塁手・浅村栄斗が好捕し「二ゴロ」。続く4番・杉本裕太郎には右腕の西口直人をぶつけ3球三振と、“一人一殺”の執念の継投で大ピンチを切り抜けた。

 すると直後の9回表、2番・鈴木大地と3番・浅村が黒木優太から連続ホームランを放ち貴重な追加点を奪取。3点リードの最終回はクローザーの松井裕樹が1点を返されながらも、リードを死守して締めくくった。

 則本は7回1/3(111球)を投げ9安打1失点、無四球10三振の内容で今季6勝目。2週連続で連敗ストップに貢献した右腕は、「5回までは今年一番のピッチングができた」と納得の表情で振り返り、「本当に野手の人に助けてもらった」と攻守に援護したバックへの感謝を口にした。

このニュースに関するつぶやき

  • 恋ちゃんついについについについに覚醒か?wしかしとにかくこれがエースですよまーくん( ・`д・´)
    • イイネ!2
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定