日向坂46初の卒業セレモニー、渡邉美穂への愛溢れるイベントに

29

2022年06月29日 02:50  ナリナリドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真写真
日向坂46の二期生・渡邉美穂(22歳)が6月28日、グループを卒業した。同日、東京国際フォーラムホールAで行われた卒業セレモニーの様子をお届けする。  

その他の大きな画像はこちら



2017年8月、日向坂46の前身グループ・けやき坂46(ひらがなけやき)の二期生として加入した渡邉。同期の中では初の卒業生で、こうしたセレモニーが行われるのはグループで初めてのことだ。

開演前の影アナは、渡邉とともに「ゴリゴリドーナッツ」というユニットを自称する富田鈴花、松田好花が担当。「ミホワタナベのラストダンスの始まりだー!」という合言葉とともに、会場にOVERTUREが鳴り響いた。そしてけやき坂46時代から歌い継いでいる曲「ハッピーオーラ」のイントロが流れると、ステージ中央から渡邉が登場。すでに感極まりつつあるのか、涙を堪えるような表情を見せると、他のメンバーたちに合流してパフォーマンスを行なった。

歌い終えたメンバーは、一列に並んでMC。さっそくキャプテンの佐々木久美が「来てしまいました、この日が」と水を向けると、渡邉は「いや〜、実感沸かないですね」と応える。佐々木美玲や宮田愛萌、山口陽世が、渡邉がいかにムードメーカーとしてグループを明るくしてくれていたのかを語る。実は、日向坂46の全メンバーがコンサートでそろったのは久々。渡邉は「ラストステージで奇跡のように全員が揃うのが、持ってるなーって思います」と少しおどけながらも、幸運に感謝した。

続いて、一期生の加藤史帆、三期生の上村ひなのからのメッセージVTRが流れる。ふたりは、渡邉とともに「リスペクトスリー」というユニット名で楽曲「やさしさが邪魔をする」を歌っているメンバー。加藤は「ハッピーオーラ」で初センターを務めた際に渡邉に抱きしめられ、励まされた思い出を語る。上村も、いつも支えてくれる渡邉のことを「優しいお姉さん」とたとえる。VTR明けには、3人で「やさしさが邪魔をする」を久々に披露した。

今度は丹生明里のラジオ風ナレーションが流れる。ともに埼玉県出身の丹生、金村、渡邉は、かつては「埼玉トリオ」と名乗っていたが、ラジオ番組を通じて「カラーチャート」という正式ユニット名が生まれた。金村の家で誕生日パーティーをした際にケーキ作りを失敗した話を披露しながら「美穂は卒業しちゃうけど、カラーチャートは永遠です!」と締めくくった。そして3人でユニット曲「あくびLetter」を歌唱した。

次は金村、松田好花、富田鈴花が出演するVTR。二期生が活動初期に撮影を行なった思い出深い学校スタジオで、卒業する渡邉のこれからについて話し合った。松田は「辞めてからも輝くんだろうなっていうのは想像つくので、不安な気持ちはないですね」、金村は「(卒業すると聞いて)未来のことをいろいろ考えちゃいましたね。あれするのかなーとか。卒業したらできることの幅が広くなるから」、富田は「逸材じゃん。どこに行ってもいろんな成果を出して活躍するんだろうなって」と渡邉への期待を語った。

VTR明けには、二期生が初めてもらった楽曲「半分の記憶」を披露。VTRで感極まったのか、メンバーたちのすすり上げる声がマイクを通して聞こえてきた。

続いて、日向坂46の1stシングル収録曲「沈黙が愛なら」をパフォーマンス。ライブで披露する機会が少ない曲だが、今回は歌唱に重点を置いた特別な振り付けで届けた。

そして、一期生の佐々木久美、齊藤京子、高本彩花のVTRが流れる。グループ内外のドラマに出演し、グループきっての演技力を見せてきた渡邉について、佐々木久美は「切り替えがすごい。よーいスタートってなった瞬間に、目つきが変わって、何回も置いていかれた」、高本は「台本に書いてないのに美穂が泣いてたの。気合いが違うなって思った」、齊藤は「お芝居とかに対する意欲がほんとにすごい子なので、頑張ってほしい」と語った。その後、全体曲の「青春の馬」を披露。曲中、小坂菜緒が濱岸ひよりの手を取って前に出る振り付けがあるが、今日は小坂が渡邉の手を取り、一緒に踊るというくだりもあった。

ここで「ミホワタナベのクイズコーナー」へ。「おみそしるコンビ」と呼ばれる河田陽菜と丹生の司会で、一期生と三期生に対して渡邉に関するクイズを出題。勝った方は渡邉と楽曲をパフォーマンスできるという趣旨だ。第一問は、松田が出題。「美穂の家のリビングの机の上に必ず置いてある三点セットと言えば、ウェットティッシュ、ティッシュペーパー、あとひとつは?」という問いに、加藤は「プロテイン」などと微妙なボケをはさみつつ、正解の「リップクリーム」を回答。

続く二問目は富田鈴花から。「美穂が初期のころから履いているレッスン着。どうしても気になることが……」という問いに、これも加藤が「糸が出てる」と正解。

三問目は金村からの出題。「寝癖がついててもかわいい美穂ちゃんですが、美穂が寝癖がひどいときに必ずやることと言えば」という問いに、三期生の高橋未来虹が「(自撮りの)写真を送る」と見事正解。

最後の問題は丹生から出題。ここまでで一期生が1ポイントリードしていたが、最後はお約束どおり1万ポイントのボーナス問題。「美穂、みほちー、キョロちゃんなどいろいろなあだ名がある美穂ですが、私、丹生明里だけが唯一呼んでいるあだ名は?」というマニアックな問題に、上村が「みほる」という正解を出した。

これで、クイズに勝った三期生と渡邉がパフォーマンスすることに。曲は、渡邉がずっとやりたいと言っていたという三期生曲「Right?」。10代の4人に囲まれて、渡邉も元気よく踊った。しかし曲終わり、舞台袖からステージをのぞく一期生の姿が。影山優佳が「今日だけは先輩の圧力かけるから。やりたいよね?」と渡邉を詰め、結局は一期生ともパフォーマンスすることに。楽曲は「それでも歩いてる」。渡邉がグループに加入した当初、オーディションを経て二期生の中でひとりだけ出演することになったドラマ「Re:Mind」の主題歌だ。曲中、椅子の上を順番に歩いていくシーンでは、渡邉が先頭に立ち、一期生が続いた。

再びMCコーナーに移ると、佐々木久美が渡邉に対して「最初よりぜんぜん悲しくなさそうなんだけど」と鋭い指摘。ライブ冒頭では涙をこらえていたにも関わらず、今は笑顔になっている渡邉は「みんなと踊るの楽しすぎて、最後だって忘れちゃうんですよ」とその理由を語った。

ここで、サプライズが。日向坂46の冠番組「日向坂で会いましょう」の司会を務めるオードリーからのビデオメッセージが流された。若林が「ひなあい、何週間かに一回苦しい企画もありますけど、諦めず前へ前へと何かを起こそうとする渡邉さんの姿勢、目に焼き付いております」と称えれば、春日も「我々は何度も救われましたよ」と語る。

ここからはライブ終盤。最新シングルの表題曲「僕なんか」、渡邉が齊藤とともにセンターを務める「NO WAR in the future 2020」、最新シングルの二期生曲で渡邉がセンターを務める「恋した魚は空を飛ぶ」、そして「誰よりも高く跳べ!2020」をパフォーマンス。「誰よりも高く跳べ!2020」では、冒頭のイントロで渡邉の決めポーズ「ガオー」を全員でやったほか、大サビ前には佐々木久美に促された渡邉が「おひさま(日向坂46ファンの総称)、跳べー!」と絶叫した。

グループを代表する楽曲の最後のパフォーマンスでアオリを担当した渡邉は、感極まって号泣しながら歌い終えた。そして本編最後は、最新シングルから「飛行機雲ができる理由」を渡邉がセンターで歌唱。歌い終わったとき、佐々木久美は「私達メンバーも、こうして最後の瞬間を噛み締めながらパフォーマンスできたのは、幸せだったなと思います」と語った。

アンコールには、日向坂46のグループカラーである空色のドレスを身にまとった渡邉がひとりでステージに登場。「アンコールありがとうございます。わー、ドキドキしますね」と言いながら、卒業のスピーチを行なった。

「正直、ずっと実感が沸かなくて。今この瞬間も私本当に卒業するのかなって思うくらい、ほんとに信じられないですね。それくらい日向坂46っていうものが私の人生の一分になっていて、それがこれからなくなるってぜんぜん想像できないんですよ。でも、それってすごく寂しいことだと思うんですけど、幸せだなって思って。メンバーって家族みたいな存在で、メンバー以外にも支えてくださる周りの方や、おひさまのみなさんもほんとに私にとってはとっても大切で。そんな人達の囲まれて、今この場を迎えられるってほんとに幸せだなって思います」

その後は、加入してからの5年間でアイドルとしても人間としても成長させてもらえたこと、握手会などで自分も誰かの希望になれているのかなと思えたこと、そして一期生、二期生、三期生への言葉を述べた。最後は「私はこれから、また違った道を私の足で歩き始めますが、もっとなりたい自分になって、また違った形でみなさんと会えるのを楽しみにしてます。長くなりましたが、このへんで締めさせていただきたいなと思います。ほんとに5年間、ありがとうございました」と言って、涙ながらにスピーチを終えた。

ここで二期生が登場。金村が「美穂だからこそこんなにたくさんの人に愛されてたんだよって言いたくて」と伝えれば、渡邉とよく買い物に行くという濱岸ひよりが「これからも焼き肉いっぱい行きたいね」と続くと、渡邉も「まだみんなに会えるからさ、そんなにグーッと来る感じじゃないんだよね。私普通すぎるよね?」と今の正直な心境を語った。

そして、二期生と上村ひなのからのサプライズが。富田のピアノの伴奏で、渡邉を囲んで「君のため何ができるだろう」を歌唱。思いもしなかったはなむけの歌を聞きながら、渡邉は再び号泣した。

その後、一期生や他の三期生も登場して、あらためて渡邉を囲む。公私ともに仲のいい小坂菜緒は「私は二期生で入ってきて、美穂とすごい親しい存在っていうか。先輩と一緒に混ざってお仕事することも多かったり、ふたりで前に立つことも結構多くて。だからこそ悩んでたこととか、活動に対して思うことがどんどふたりとも似てきて。同じ感情を共有できるような仲間に出会えて、それ自体がすごく心強かったし。個人的な話になっちゃうんですけど、私が少し長い間、お休みをしてたんですけど、その間もずっと美穂が私を離さないでいてくれて。それが私がここに戻ってくるきっかけにもなってたし、もしかしてそれがなかたら私は今ここに立ててないかもしれないなって思ってた」と、ふたりの絆と運命を感じるエピソードを語った。

三期生の高橋未来虹は、渡邉と「Right?」をパフォーマンスしたことで「三期生にすごく愛を注いでくれたんだなって気づけた」と言い、渡邉がドラマ「声春っ!」で演じた尼崎あまね役の髪型で今日はステージに立っていたことを明かした。最後は、キャプテンの佐々木久美が「私達はみんな絶対に美穂の味方だし、おひさまも味方してくれるから、これからも胸を張って頑張ってください」とエールを送る。そして本当に最後の曲、「JOYFUL LOVE」を歌ってセレモニーを終えた。  

ライブ後、ステージにひとり残り、会場のファンとひと通り目を合わせた渡邉は「私の5年間いたこのグループを、あらためて、みなさんで守り続けてください。ありがとうございました」と言ってステージを後にした。

グループ初の卒業セレモニーは、主役の渡邉美穂がやりたいことが詰まっていると同時に、メンバーからの愛が詰まったイベントになった。

さまざまなメンバーが語っていたように、どんなときもムードメーカーとしてグループを明るくし、その努力する姿勢でメンバーを鼓舞し続けてきた渡邉美穂。現在、日向坂46は新メンバーのオーディション中だが、本人はいなくなっても、渡邉がグループに残した明るいパワーは受け継がれていくだろう。


☆セットリスト
OVERTURE
M1. ハッピーオーラ
M2. やさしさが邪魔をする
M3. あくびLetter
M4. 半分の記憶
M5. 沈黙が愛なら
M6. 青春の馬
M7. それでも歩いてる
M8. Right?
M9. 僕なんか
M10. NO WAR in the future 2020
M11. 恋した魚は空を飛ぶ
M12. 誰よりも高く跳べ!2020
M13. 飛行機雲ができる理由
EC1. JOYFUL LOVE


元記事はこちら:https://www.narinari.com/Nd/20220672741.html


このニュースに関するつぶやき

  • 22か。早いな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(14件)

ニュース設定