声優・津田健次郎、難破家の愛犬・松と初共演で「いい子でしたねー!」ドラマ「ナンバMG5」特別編

1

2022年06月29日 23:51  アニメ!アニメ!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

アニメ!アニメ!

写真『ナンバ MG5』津田健次郎&豆三郎(C)フジテレビ
『ナンバ MG5』津田健次郎&豆三郎(C)フジテレビ
フジテレビの水10ドラマ『ナンバMG5』の特別編「全開バリバリでアリガト編」が、6月29日に放送された。このエピソードで、難破家の愛犬・松を演じる豆三郎と、松の声を担当した声優で俳優の津田健次郎が、ついに“実写”で夢の初共演を果たした。津田からはコメントも到着した。

『ナンバMG5』は、不良マンガの天才・小沢としおの『ナンバMG5』とその続編『ナンバデッドエンド』を映像化したドラマだ。筋金入りのヤンキー一家「難破家」の次男・剛(間宮祥太朗)が、実は「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」という思いを抱き、家族に内緒で健全な高校に入学するという“高校“逆”デビュー”物語が繰り広げられた。

松(豆三郎)は、間宮演じる剛(つよし)が幼少期から“弟”としてかわいがっている、難破家の愛犬だ。ドラマの第1話から、松のモフモフとしたキュートなルックスはもちろん、つぶらな瞳で魅せる演技、そして声は津田健次郎によるイケボというギャップに多くの視聴者がとりこになっていた。

そして迎えた6月29日の放送では、難破家のメンバーが松のバースデーを祝うためにひそひそと家族会議を行っていると、仲間外れにされたと思い込んだ松は家出を決意する。おなかを空かせて街をさまよっていると、松はお茶のポスターを見つける。そこには、イケおじ好きの剛の妹・吟子(原菜乃華)が大ファンでもある津田健次郎の顔があった。

立ち止まった松の目の前に、なんとリアルな津田が歩いてくる。松が「あれ!?ポスターの人だ」とつぶやくと、津田は「今、“ポスターの人だ”って思ったろ」と語りかける。松は「えっ、なんで分かるの?」と焦り始めると、津田はすかさず「今、“なんで分かるの?”って思ったろ」と答える。「こわ!」とビビる松に、津田は「はやく家帰れよ、皆心配してるぞ」と優しく語りかけ去って行く。

このシーンが撮影された時、松役の豆三郎は、最初は津田に興味を示すものの、少々警戒している様子だった。ふたりで写真撮影を行ったことはあるが、しっかり演技をしながらともに過ごすのはこれが初めて。
しかし、スタッフがカメラ位置などを調整している空き時間に、津田から積極的にコミュニケーションを取るなどして、次第に距離が縮まった。本番を迎えるころには、見つめ合うシーンなど、NGテイクを出すこともなくスムーズに撮影することができたそうだ。

本作で大人気となった豆三郎と、その声を担当した津田の奇跡のコラボが、最後の最後ににくいサプライズ演出となった。

<以下、コメント全文掲載>

【津田健次郎】

◆実写で出演そして松との共演のオファーを聞いた時の率直なご感想は?
え!いいんですか?と思って。すごくうれしかったですね。音の収録現場にはいましたが、撮影の現場には伺うことができなかったので、どこかでキャストやスタッフの皆さんとお会いしたかったので。 現場に来てみて、“あーこんな雰囲気で撮っていたんだ!”と感激しました。

◆豆三郎との実写での初共演はいかがでしたか?
いい子でしたねー!お芝居するのも、もっと時間がかかるのかな?と思いましたが、全然時間がおすこともなくスムーズでした。本当にいいタイミングでこっちに振り向いてくれるなど、神がかり的な瞬間があってすごかったです。豆三郎くんに話しかける芝居をして、その豆三郎くんにまた自分の声を入れるというのが不思議な感じですが(笑)。とにかく楽しかったし、うれしかったです!

『ナンバ MG5』
≪放送日時≫
6月29日(水)22時〜22時54分 ※「全開バリバリでアリガト」編(特別編)
≪出演者≫
間宮祥太朗
神尾楓珠
森川 葵
森本慎太郎(SixTONES)
富田望生
原 菜乃華
春本ヒロ
加藤 諒
津田健次郎
満島真之介
鈴木紗理奈
宇梶剛士
≪脚本≫
金沢達也(『暗殺教室』『不倫食堂』『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』他)
≪プロデュース≫
栗原彩乃(『SUPER RICH』他)
古郡真也(FILM)
≪演出≫
本広克行
≪制作・著作≫
フジテレビ第一制作部

(C)フジテレビ

このニュースに関するつぶやき

  • このドラマは面白かった!それは確かなんだけど、原作はその10倍は面白い!やっぱり30巻以上ある原作を1クールのドラマにまとめるのは無理があるんですよね〜。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

オススメゲーム

ニュース設定