Snapchatもサブスク版「+」開始 月額3.99ドル

1

2022年06月30日 07:22  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真 Snapchat+のロゴ
Snapchat+のロゴ

 「Snapchat」を手掛ける米Snapは6月29日(現地時間)、サブスクリプション版サービス「Snapchat+」を発表した。月額3.99ドル(約540円)で、無料版では提供しない機能や、テスト段階の新機能を利用できる。



【その他の画像】



 まずは、米、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランド、サウジアラビア、アラブ首長国連邦で提供を開始し、提供地域を段階的に拡大していく計画だ。



 同社は米The Vergeに対し、広告非表示機能はないと語った。



 Snapの主な収益源は2014年から表示している広告だ。現在の利用者数は公称3億3200万人。サングラスやドローンも販売している。



 基本的に無料のSNSに有料のサブスクリプション版を追加する動きとしては、Twitter(月額2.99ドル)やTelegram(価格はまだ発表されていないが既に利用しているユーザーによると月額4.99ドル)が先行する。


このニュースに関するつぶやき

  • 僕は米市場見てるし株投資も前から米市場でやってるからSNAPは知ってるけど日本で一般的にこの会社知ってる人いないだろ。日本だとミランダ・カーの旦那の会社と言った方がみんなに伝わる気がするwww
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定