スマホの光で本物・偽物を判定! 凸版、簡単に真贋判定ができるホログラム開発

0

2022年06月30日 09:01  Techable

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
凸版印刷株式会社(以下、凸版印刷)は、スマートフォンのライトのような強い光を当てると、奥行きのある立体的な画像が現れる新たなホログラム「イルミグラム」を開発しました。

2022年6月29日(水)より、偽造品の流通を防ぎたい医薬品、化粧品、高級ブランド品、機械・部品、金券などの用途に向けて提供を開始します。
誰でも簡単かつ明確に真贋判定イルミグラムは、明確な真贋判定を可能にするホログラム。蛍光灯をはじめとする通常の可視光下ではぼやけている画像に、強い光(点光源)を当てると立体的な画像が現れます。

スマートフォンのライトで画像が浮かび上がるため、QRコードや専用機材を用意することなく、誰でも簡単かつ明確に真贋判定をおこなうことが可能です。

なお、現れた立体的な画像は、光源を動かすとその動きに追従する形で動くため、より直感的に真正品・偽造品を見分けることができるでしょう。
ほかのホログラムとの組み合わせが可能イルミグラムは、文字や画像をはっきりと視認できる一般的なホログラムと組み合わせるという使い方も。ほかのホログラムと組み合わせることにより、高いデザイン性と真贋判定の容易さを両立することができます。

また、凸版印刷がこれまで培ってきた、パステル調の構造色を発色するホログラム「Secure Color」や、90度回転させるとネガポジ反転する「S-White」など、既存のホログラム製造技術とも連携可能です。

さらに、スマートフォンを用いてIDを読み取り、正規品かを確認できるサービス「ID-NEX」と連携することもできます。これらの組み合わせにより、高い偽造防止性能を製品に付与することが見込まれるでしょう。
専用機材費用のスムーズな判定を実現偽造・模倣品の流通により、真正品の売り上げ減少や、劣悪な品質に起因するブランド価値低下を招くなどの懸念があるなか、本物の目印として多くの製品に活用されているのが、偽造が難しい「ホログラム」。

しかし、ホログラムを活用した目視での真贋判定をおこなう場合、判別者によって判定基準が曖昧になってしまうケースがあるため、ホログラムの見方を購入者に周知する必要があるといいます。

さらに、専用のフィルターやアプリを利用した真贋判定の際は事前準備が必要という課題を受け、凸版印刷はイルミグラムを開発。

今後は、ホログラムをはじめとしたさまざまなセキュアソリューションをグローバル市場に展開し、2030年までに関連受注含め10億円の売上を目指す方針です。

PR TIMES
凸版印刷株式会社「偽造・模倣品対策技術 ブランドプロテクションサービス」

(文・Haruka Isobe)

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定