朝倉海、拳の負傷で『RIZIN.36』欠場 昨年末のケガが直前に悪化 ヤン・ジヨンの対戦相手は昇侍に変更

0

2022年06月30日 10:09  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『RIZIN.36』で対戦する昇侍&ヤン・ジヨン
『RIZIN.36』で対戦する昇侍&ヤン・ジヨン
 7月2日に沖縄アリーナにて開催する『湘南美容クリニックpresents RIZIN.36』のメインで、ヤン・ジヨン選手との対戦を発表していた朝倉海選手が、拳の負傷により欠場することが、6月30日に発表された。

【試合順】朝倉海選手欠場で昇侍出場!『RIZIN.36』試合順

 書面では、朝倉選手について「右第2中手骨骨折後変形治癒偽関節による激痛があり、競技が不可能な状態で緊急手術が必要との診断を受けました」と説明し「直前まであらゆる治療を受け、試合出場に向け調整をしてまいりましたが、ドクターストップによる欠場となります」と報告。

 「この試合をご期待いただいたファンの方々には謹んでお詫び申し上げます」とし「代わって昇侍選手がヤン・ジヨン選手の対戦相手となりますことをお知らせします」と伝えた。続けて「大会当日のリング上で朝倉海選手はあいさつをし、今回の欠場の経緯やファンへのお詫びを申し上げる予定です」と記した。

 朝倉選手は「今回、拳の負傷により欠場させていただくことになりました。RIZIN関係者の皆様、対戦予定だったヤン・ジヨン選手本当に申し訳ございません。そして、僕の復帰戦を楽しみにしてくれていたファンの皆さんにも本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」とコメント。

 「去年の大晦日に痛めた右の拳を試合に向けた練習の中で再び痛めてしまい、試合に出場するために注射や麻酔で痛みを抑えながら練習を続けていたのですが、直前で更に悪化してしまいました。手術する以外は治す方法がないと診断され、今後のことも考えて欠場させていただくことになりました。直前の発表となってしまい誠に申し訳ございません」と詫び「治療に専念し万全な状態で再びリングに戻れるよう努めたいと思います」とした。

 ヤン・ジヨンの対戦相手となる昇侍は「今回このようなカタチで急きょの出場となりますが、とにかく試合に集中して、覚悟をもって全力で闘います。応援よろしくお願いします」とメッセージしている。
    ニュース設定