iPhoneからAndroid端末にデータ移行するアプリがPixel以外のAndroid 12にも対応

1

2022年06月30日 10:42  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真 iMessageのメッセージも移行できる
iMessageのメッセージも移行できる

 米Googleは6月29日(現地時間)、iPhoneからAndroid端末へのデータ移行方法を改善したと発表した。4月にひっそりリリースした「Androidに移行」で、「Android 12」以降搭載のAndroid端末であれば、Google純正のPixelシリーズ以外でもこの方法が利用できる。「Androidに移行」アプリはこれまで、Pixelシリーズでしか利用できなかった。



【その他の画像】



 「Androidに移行」アプリをインストールしたiPhoneとAndroid端末をLightning/Type-Cなどのケーブルで接続するか、同じWi-Fiネットワークに接続し、Android端末に表示したQRコードをiPhoneで読み込むと、データ移行が始まる。Wi-Fiの方が移行速度は遅いが、特殊なケーブルを用意しなくて済むので便利だ。



 移行できるデータは、連絡先、写真と動画(iCloud上のものを含む)、SMS、MMS、iMessageのメッセージ、App Storeの無料アプリ、DRMフリーの音楽、通信履歴、アラーム、デバイス設定。iMessageのメッセージを移行するには、iPhone側でiMessageをオフにしておく必要がある。



 Googleはこの新機能を紹介する公式ブログで、iPhoneからAndroidに移行する10のメリットを挙げた。例えば、AndroidのChromeブラウザを使えば「FaceTime」も使えることや、ウィジェットがiOSのものより便利なことを紹介している。



 AndroidからiPhoneに移行するアプリ「iOSに移行」は、Appleが2015年からGoogle Play ストアで公開している。


このニュースに関するつぶやき

  • これは何気にインパクト大きいのでは?
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定