「投高打低」のプロ野球、40年ぶり「1割打者」誕生の可能性 「すごいこと」専門家が絶賛のワケ

7

2022年06月30日 11:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真打撃に苦しむソフトバンクの甲斐拓也。だが、捕手としては12球団随一の守備力を誇るとされ、強肩ぶりは「甲斐キャノン」としても知られる
打撃に苦しむソフトバンクの甲斐拓也。だが、捕手としては12球団随一の守備力を誇るとされ、強肩ぶりは「甲斐キャノン」としても知られる
 今季のプロ野球では、ノーヒットノーランを4投手が達成している。一方、3割打者の数はセ・パ各リーグで3人前後。投高打低の状況を専門家はどう見るのか。AERA 2022年7月4日号の記事を紹介する。


【写真】「投高打低」の中、圧倒的な成績を残している打者はこちら
*  *  *


 ソフトバンクのエース、千賀滉大(29)のこんな発言が注目を集めた。


「僕はこの先、3割打者が存在しなくなる時代が来ると思っています」(5月3日付の西日本スポーツ)


「投手はいろいろ勉強し、情報を入れ、トレーニングに生かす環境が整っているから」で、打者は急速に進化する投手に対応するのは容易ではないという。


 解説者の田尾安志さん(68)さんは「そんな時代が来るとは思わない」としつつ、千賀の言葉は打者と投手の「ある意識の差」から来るものではと指摘する。


「バットという道具を使う打者に対し、投手には『体ひとつで勝負している』意識が強い。だからこそ、より高いパフォーマンスをするためにはどうするか打者よりも深く考えているでしょう。ただ逆に、同じように高い意識を持てれば打者のほうがやれることは多く、今度は投手のほうが苦しいと思います」


 筑波大学体育専門学群准教授で野球の投球動作、打撃動作やゲーム分析も行っている川村卓さん(52)さんも、投高打低と打高投低の状況は「交互に繰り返されてきた」のが常だと言う。


「ただ、その進化のサイクルはいつも『投手が先』。打撃の本質は、投手の球への『対応』だからです。投手の進化に遅れるような形で打撃の進化が来る。長い目で見れば、日本のプロ野球は『いまは』投高打低ということだと思います」


 こんな可能性もある。1982年に1割9分6厘だった巨人の捕手・山倉和博以来、40年ぶりの「規定打席数に達したうえでの1割打者誕生」だ。ソフトバンクの捕手・甲斐拓也(29)ら「危険水域」の選手が存在する。


 田尾さんはこう考える。


「今季はノーヒットノーランがまた出てもおかしくないし、1割打者誕生もあり得るでしょう。でも、そこを『されないように』やっていくのがプロの打者。毎試合出る選手なら2割5分は絶対に打たないといけない。奮起を期待したいです」




 一方で、元阪神のエースで解説者の池田親興(ちかふさ)さん(63)は40年間1割打者が出なかったのは、そういう選手が「使われなかったから」だと語る。


「考えるべきは、山倉さんや甲斐がなぜ1割台でもレギュラーなのかです。山倉さんは江川卓さんや西本聖(たかし)さんを巧みにリードし、チームの扇の要として巨人を優勝に導いた。甲斐もスーパーキャッチャーとして藤本博史監督の信頼を全く失っていないし、仮に1割台で終わっても価値は下がらないでしょう。そこに『違う価値』があるからです。シーズン終了までレギュラーとして価値ある存在でいられる1割打者がいたとしたら、それは逆に、すごいことだと思いますよ」


(編集部・小長光哲郎)

※AERA 2022年7月4日号より抜粋


>>【前編/フルスイング増加も影響 ノーヒットノーランが今季「多発」する理由、専門家が解説】


このニュースに関するつぶやき

  • 京田が守備を完璧にこなしていたら、1割台で規定打席に到達していたでしょうが、メンタル弱いから守備も精彩を欠いて、監督も我慢の限界に。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

ニュース設定