東京都心は「6日連続の猛暑日」に 6月の連続最長記録更新 熱中症予防のポイントは

14

2022年06月30日 11:02  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真東京都心は「6日連続の猛暑日」に 6月の連続最長記録更新 熱中症予防のポイントは
東京都心は「6日連続の猛暑日」に 6月の連続最長記録更新 熱中症予防のポイントは

東京都心では、きょう30日は、暑さが更にレベルアップしています。最高気温は、10時42分頃に35.0℃に達し、6日連続の猛暑日になりました。



●東京都心 6月としては異例の 6日連続猛暑日


きょう30日の東京都心は、朝から、この時期にしては気温が高いことに加え、たっぷりの日差しが気温をグングン押し上げています。7時の気温は30.3℃、8時の気温は31.5℃、9時の気温は33.1℃と、きのう29日よりも速いペースで、気温が上がってきました。そして、10時42分頃には、気温が35.0℃に達し、「猛暑日」になりました。これで6日連続の「猛暑日」です。東京都心では、統計開始以来、6月の猛暑日連続記録を更新しました。通年での猛暑日連続記録は、8日連続(2015年7月31日〜8月7日)ですので、それに次いで、通年では2番目の連続記録です。


●この先の暑さは?


東京都心では、この危険な暑さは、あす1日も続くでしょう。あす1日は、大阪でも最高気温が37℃まで上がる予想です。ただ、この暑さも、終わりが見えてきました。週末以降は、広い範囲で、これまでのような猛烈な暑さは落ち着きそうですが、「暑さの質が変わる」というのがポイントです。来週は、東京都心や大阪、福岡などでは、最高気温が30℃前後の日が多いですが、湿度が高くなるので、蒸し暑いでしょう。不快な暑さとなりますので、引き続き、体調を崩さないよう、十分お気をつけください。


●熱中症予防のポイントは


熱中症を予防するには、以下のポイントを心がけてください。

日頃から、体調管理を心がけましょう。朝など時間を決めて、毎日体温を測定したり、健康状態をチェックしたりすることにより、体調の変化に気づくことができます。
できるだけ暑さを避けて、喉が渇く前から水分補給を心がけましょう。なるべく涼しい服装を心がけ、日傘や帽子も活用するのが効果的です。入浴の前後や、起床後も、まずは水分を補給しましょう。汗を大量にかいた場合は、水分だけでなく、塩分補給も忘れないでください。
エアコン使用中も、こまめな換気を行いましょう。換気のためには、窓とドアなど2か所を開放したり、扇風機や換気扇を併用したりするのが、おススメです。換気をしたら、エアコンの温度は、こまめに再設定してください。もし、少しでも体調が悪いと感じたら、無理をしないで、自宅で静養することが必要です。高齢者や子ども、障がいのある方は、特に熱中症になりやすいので、周りの方が気を配るなど、十分ご注意ください。


このニュースに関するつぶやき

  • リサイクル屋のクーラーがバカ売れジモティならば取りに行けば無料なので無い人つけましょう。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

ニュース設定