ルノーから『ルーテシア E-TECH HYBRID』発売。F1で培ってきたハイブリッドを搭載

0

2022年06月30日 16:40  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真ルノー・ルーテシアE-TECH HYBRID
ルノー・ルーテシアE-TECH HYBRID
 ルノー・ジャポンは、洗練されたボディライン、上位クラスのモデルに匹敵する高い知覚品質のインテリア、クラス最高レベルの先進運転支援システムを特長とするルノー・ルーテシアに、軽量、コンパクトで、ドライブフィールに優れたハイブリッドシステム『E-TECH HYBRID(イーテックハイブリッド)』を搭載した『ルノー・ルーテシア E-TECH HYBRID』を、6月30日(木)から、全国のルノー正規販売店で販売した。

 ルーテシアは、曲線でデザインされたフォルムに直線を効果的に取り入れることで精密さやダイナミズム、スポーティさを表現したエクステリアデザイン、ドライバーを中心に設計されたスマートコクピット、そしてクラス最高レベルの先進運転支援システムを備えた、ルノーを代表するコンパクトモデルだ。

 このルーテシアのラインアップに、ルノーが独自に開発した軽量・コンパクト、ダイレクトかつスムーズなドライブフィールが特長のハイブリッドシステム『E-TECH HYBRID』を搭載した『ルーテシア E-TECH HYBRID』が加わった。

 今季もF1ではアルピーヌA522にパワーユニット『ルノーE-TECH RE22』が搭載されるが、『E-TECH HYBRID』はF1で培ったノウハウを活用し、ルノーが独自に開発したハイブリッドシステムだ。

 メインモーターであるEモーターとHSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター)のふたつのモーター、1.6リッター4気筒自然吸気エンジン、そしてこれらを繋ぐトランスミッションの電子制御ドッグクラッチマルチモードATで構成され、従来のパワートレーンにはないダイレクトかつスムーズなドライブフィールでハイブリッド車のイメージを覆す走りの良さだけでなく、輸入車最高レベル※となる25.2km/L(WLTCモード)の低燃費を実現している。
※2022年6月30日現在。EV、PHEVのぞく

 組み合わされる1.6リッターエンジンにはアライアンスエンジンのHR16が採用されたが、エンジンマッピング、ピストン、コネクティングロッド、クランクシャフトなど、いくつかのパーツをE-TECH HYBRIDに合わせるために新たに開発している。

 ルノーでは、モータースポーツの開発部門と市販車の開発部門の間で人的、技術的交流が頻繁に行われており、この『E-TECH HYBRID』の開発においても、ルノー/アルピーヌF1が培ってきたハイブリッドのハードウェアの技術とノウハウ、そしてエネルギーマネジメント分野の経験とノウハウを、市販車の開発部門が活用しているという。

 このユニットに組み合わされる電子制御ドグクラッチマルチモードATは、モータースポーツで使用されるドグクラッチを採用することで、一般的なクラッチやシンクロナイザーを省き、軽量化とコンパクト化を図ったギアボックス。モーター側にふたつ、エンジン側に4つのギアを持ち、これらギアを組み合わせた12通りの変速比でモーター、エンジンそれぞれから動力を切れ目なく、効率よく引き出すことができる。

 もちろんこの『ルーテシア E-TECH HYBRID』専用装備のレーンキープアシストに加え、ルーテシア共通装備のアダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)とレーンセンタリングアシストを組み合わせた『ハイウェイ&トラフィックジャムアシスト』や、360°カメラ、オートハイ/ロービーム、パーキングセンサー、アクティブエマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)、ブラインドスポットワーニング、レーンキープアシスト、トラフィックサインレコグニションなどなど、先進かつ最高レベルの運転支援システム、予防安全技術を盛り込んでいる。

 希望小売価格は『ルーテシア E-TECH HYBRID』が3,290,000円(税込)、メーカーオプションのレザーパック装着車が3,440,000円(税込)となっている。リヤ、シフトベースには『E-TECH』のロゴがつくのもF1ファンには嬉しいところだ。

ルノーコール:0120-676-365 (受付時間9:00〜18:00、年中無休)
ルノー・ジャポンHP:https://www.renault.jp
    ニュース設定