【何着てた?】中学校時代の制服、男性は「学ラン」がダントツ! - 女性は?

0

2022年06月30日 19:02  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
カンコー学生服は、「世代別の中学校の制服タイプ」に関する調査データを6月28日に公開した。調査は6月、全国の10〜60代の男女1,200名(サンプルサイズ:性別年代で均等回収)を対象にインターネットで行われた。


中学校のときに着ていた制服のタイプを教えてもらったところ、男性は「詰襟(学ラン)」(81.1%)が圧倒的に多く、年代別にみると、60代は99.0%、50代は95.5%、40代は83.9%と年代が高いほど「詰襟(学ラン)」の着用率が高く、40代以上は8〜9割以上を占める結果に。しかし、30代以下になると、「詰襟(学ラン)」の着用率は6〜7割程度に減少し、「ブレザー」が増加した。

一方、女性が中学校のときに着ていた制服のタイプは、「セーラー服」が最も多く53.5%。次いで「ブレザー」(25.5%)、「スーツ」(15.3%)などのジャケットを着用する制服タイプも4割程度みられた。セーラー服の着用率を年代別にみると、60代は66.7%、30〜50代は5割程度と、おおむね年代が高いほどセーラーの着用率が高かったが、10代になると「セーラー服」(45.2%)と「ブレザー」(44.1%)が同じくらいの割合に。



中学校の制服は、詰襟(学ラン)とセーラー服という制服タイプが主流ではあるものの、若い世代でのブレザー化が進んでいることがわかった。(CHIGAKO)

    前日のランキングへ

    ニュース設定