祝辞にほしいシステム“過半数が押したら床に穴が空いて落下するボタン”が神アイデア 「床一生閉じない」「出てきた途端に転落が続出する」

0

2022年06月30日 20:13  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真(イラスト:野田せいぞ)
(イラスト:野田せいぞ)

 思わず「確かに!」とみんなが一致するツイートを、イラストとともにご紹介する企画「共感しかない」。今回は幻動鬼憑きけものさんが提案する、祝辞のときにほしいシステムです。



【祝辞にほしい保システム】



●夏とか冬には実装してほしい……!



・・・・・・



祝辞、整列してる全員にボタン配って「長いかつまらんと思ったら押してください」っつっといて過半数が押したら壇上から転落する仕様とかにして欲しい。



(幻動鬼憑きけものさんのツイートより)



・・・・・・



 学校の入学式などで行われる祝辞。真面目に聞かないといけませんが、子どもは退屈してしまいます。ましてや、整列して聞いていると疲れますし……。



 そこで幻動鬼憑きけものさんが提案するのが、整列してる全員にボタンを配ること。そして、長いかつまらない時にはボタンを押してもらい、過半数になったら話している人が壇上から転落する、というものです。これはちょっとほしいかも……!



 ツイートを見た人からは「それ壇の床一生閉じない奴じゃ」「祝辞開始と同時にとりあえずボタン押す」「出てきた途端に転落が続出する」といった意見が。この様子だと、確かに床はずっと開きっぱなしになりそうだな……!


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定