ヤクルトは延長戦制し50勝一番乗り 村上4三振で不発もドラ2丸山が12回V打

6

2022年06月30日 22:36  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真ヤクルト 丸山和郁
ヤクルト 丸山和郁
● 広島 2 − 4 ヤクルト ○
<12回戦・マツダスタジアム>

 ヤクルトが今季6度目の同一カード3連勝で、12球団最速で50勝に到達。これで得意の広島戦は1引き分けを挟んで9連勝。シーズン通算の貯金も「27」に増やした。

 1−1の同点のまま延長戦に突入し、10回はともに拙守絡みで失点する慌ただしい展開。それでもセーブに失敗したクローザーのマクガフが10回一死満塁の大ピンチで上本崇司を一ゴロ併殺に打ち取り、なんとか同点で踏ん張ると、続く11回は清水昇が三者凡退の好リリーフ。

 迎えた12回、イニング先頭の塩見泰隆が三ゴロ失策で出塁すると、山崎晃大朗が犠打を決めて一死二塁のチャンスメーク。3番・山田哲人は遊ゴロに打ち取られ、4番・村上宗隆は申告敬遠で勝負を避けられたが、途中出場のドラフト2位ルーキー・丸山和郁が中翔太のチェンジアップを右中間へ弾き返し、これが値千金の2点勝ち越し適時二塁打となった。

 この試合で史上28人目の通算3000投球回を達成した先発の石川雅規は、6回1失点と好投しながら今季5勝目を逃したものの、後を受けたリリーフ陣はマクガフを除いて無失点の好救援。清水が4勝目、田口麗斗が移籍後初セーブで締めくくった。

 打線では6月絶好調だった村上が今季初の4三振ノーヒットと不発だったが、最後は新戦力が勝負を決める一打を放ち、球団記録に並ぶ月間19勝。怒涛の勝ちっぷりでリーグ首位を独走している。

このニュースに関するつぶやき

  • 中崎は不運もあったものの、もうなかなか厳しいですね。兄貴同様、太く短い野球人生な家系なのでしょう。
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定