アンバー・ハード、偽証罪容疑の捜査は今も継続中

1

2022年07月01日 02:42  ナリナリドットコム

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真写真
アンバー・ハード(36歳)が、偽証罪容疑でオーストラリア当局から捜査の対象となっているという。

同国の農業水資源環境省のスポークスパーソンが6月29日、7年前にアンバーが2匹の犬を輸入したことに関して現在も捜査を続けていることを、「エンターテイメント・トゥナイト」に明らかにした。

今回、同スポークスパーソンが、今なお「継続している」とした捜査は、2015年5月、当時まだジョニー・デップ(59歳)と結婚していたアンバーが、同国の厳しい検疫体制にも関わらず夫妻の2匹の愛犬、ヨークシャーテリアのピストルとブーを申請なしに入国させ、検疫を通過できず10日間隔離となった一方、本人は、動物輸入法違反2罪で起訴されていた件に関連している。

同年9月ジョニーは「ジミー・キンメル・ライブ」に出演した際、「申請は終わっているという印象を受けていたし、犬を堂々と皆の前で連れていた」と当時の状況を説明していたが、その1年後、夫妻は謝罪動画を発表。その中でジョニーは「全てを申請するよう」呼び掛け、アンバーは「違反を心から謝る」と話していた。

その後、アンバーが有罪を認め、同件の終了が宣言されていたにも関わらず、2021年10月には同省のスポークスパーソンがE!ニュースで、「証言を入手した後に、連邦公訴局長官が追訴に必要なだけの証拠があるかどうか検討する」と話していた。


元記事はこちら:https://www.narinari.com/Nd/20220772782.html


    ニュース設定