平尾アウリ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」TVドラマ化!えりぴよ役は松村沙友理

3

2022年07月01日 05:07  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真松村沙友理
松村沙友理
平尾アウリ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」が10月にTVドラマ化決定。主人公・えりぴよ役を松村沙友理が演じる。

【大きな画像をもっと見る】

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は、岡山県で活動するマイナー地下アイドル・ChamJamと、そのメンバー・市井舞菜を応援する熱狂的なファンの女性・えりぴよの関係を軸に描く青春コメディ。2015年より月刊COMICリュウ(徳間書店)にて連載中で、単行本は8巻まで刊行されており、累計発行部数は100万部を突破している。また2020年1月にはTVアニメ化も果たした。

監督は大谷健太郎、北川瞳、高石明彦、脚本は本山久美子が担当。TVドラマ化について、平尾は「実写にして頂くことは漫画家をやっていく上での最終目標だと思っていましたので、嬉しかったです」とコメント。また主演の松村は「かつて推されていた側に立っていた私が、今回は推しを推す側を演じさせていただくということでとってもご縁を感じています!」と意気込みを語っている。ドラマはABCテレビ、テレビ朝日にて、2022年10月放送開始。

■ 平尾アウリコメント
□ ドラマ化の話を聞いたときの感想
実写にして頂くことは漫画家をやっていく上での最終目標だと思っていましたので、嬉しかったです。今作は特に実写だと難しいテンションの作品かと思っておりますので驚きましたが、制作に携わって下さっている皆様を信頼してお任せしておりますので、私自身も視聴者として放送を楽しみにしています。

□ えりぴよ役の松村沙友理の印象
松村沙友理さんはお顔や振る舞いが大変可愛くて、以前から好きでお姿を拝見していましたので恐縮しております。

□ 視聴者へのメッセージ
音楽をアニメ版と同じ日向萌さんがお引き受けくださっていますので、アニメの雰囲気を好きでいてくださっていた皆様にも楽しんで頂けると思っていますし、ドラマ版では更にアニメとはまた違う楽しみ方ももちろんあるかと思います。様々な角度から改めて好きになって頂けましたら幸いに思っております。

■ 松村沙友理(えりぴよ役)コメント
□ 原作の感想
原作読ませていただきました!
以前からアニメも観ていて大好きな作品でもあって、さらに自分もアイドルだったこともあって、ファンの方からの視点で見えることがとても新鮮で、私自身こうやって応援していただいていたんだなと、自分に刺さるものがとってもありました!

□ えりぴよの印象、またどのように演じたいか
自分にまっすぐで熱くて、何よりも推しのことを考えられる優しさを持っている人だなと思いました。えりぴよのコミカルさを大事にしながら、一途な熱い想いを表現できたらいいなと思います!

□ 視聴者へのメッセージ
かつて推されていた側に立っていた私が、今回は推しを推す側を演じさせていただくということでとってもご縁を感じています!
私も推しとともにこの作品への愛を一心に注いで素敵な作品をお届けできるよう、一生懸命頑張ります!ぜひお楽しみにしていてください!

■ ドラマ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」
ABCテレビ&テレビ朝日にて2022年10月放送スタート

主演:松村沙友理
原作:平尾アウリ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』(COMICリュウWEB/徳間書店)
監督:大谷健太郎、北川瞳、高石明彦
脚本:本山久美子
音楽:日向萌
企画・プロデュース:清水一幸
プロデューサー:辻知奈美、矢ノ口真実(The icon)、高石明彦(The icon)
音楽制作:ポニーキャニオン
制作協力:The icon
制作著作:「推しが武道館いってくれたら死ぬ」製作委員会・ABC

このニュースに関するつぶやき

  • ファイルーズあいさんにカメオ出演して欲しい。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定