【上半期TV出演ブレイク本数】ゆうちゃみが114本増で1位 錦鯉も『M-1』王者で勢い増す

50

2022年07月01日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『2022年上半期テレビ番組出演本数ランキング』ブレイクタレントで1位となったゆうちゃみ (C)ORICON NewS inc.
『2022年上半期テレビ番組出演本数ランキング』ブレイクタレントで1位となったゆうちゃみ (C)ORICON NewS inc.
 テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは1日、『2022上半期テレビ番組出演本数ランキング』を発表。昨年と比較して番組出演本数を最も増加させた『2022上半期ブレイクタレント』(関東のみ集計)では、ギャルモデルでタレントのゆうちゃみ(古川優奈)が、114本増で1位に輝いた。

【一覧表】2022年上半期『ブレイクタレント』番組出演本数ランキング

 ゆうちゃみは、上半期では『超無敵クラス』(日本テレビ系)など、バラエティー番組を中心に132番組に出演。昨年に比べ114番組増と、一気にブレイクを果たした。若者の新たな顔として、今後さらなる活躍が期待される。

 『M-1グランプリ2021』で優勝した錦鯉は、昨年に比べ102番組増と、さらに出演本数が増加した。「中年の星」としての活躍が光る2人の勢いは、今年もまだまだ続くと見られる。

■2022年上半期ブレイクタレント
1位:ゆうちゃみ 114本増
2位:錦鯉 102本増
3位:モグライダー 101本増
4位:ザ・マミィ 89本増
5位:水谷隼 88本増
6位:お見送り芸人しんいち 71本増
7位:オズワルド 70本増
8位:インディアンス 54本増
9位:相席スタート、東京ホテイソン 49本増

調査項目:タレント番組出演本数(出演番組の放送回数分をカウント)
調査期間:2022年1月1日〜6月19日
対象局:NHK総合/日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ (東京地区地上波オンエア分)
・グループ出演と個人出演の合算にて集計
・放送局所属のアナウンサー、通販番組出演者、再放送番組は対象外とする
(すべてニホンモニター調べ/同社サイト:http://www.n-monitor.co.jp/pdf/20220701ban.pdf)

このニュースに関するつぶやき

  • 水谷隼が芸人枠に入れられてて草。まぁトークもうまいしねぇ。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(35件)

ニュース設定