【上半期CM出演ランキング】芦田愛菜が初の1位 英語系からゲームまで15社に起用

34

2022年07月01日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『2022上半期タレントCM起用社数ランキング』で1位の芦田愛菜 (C)ORICON NewS inc.
『2022上半期タレントCM起用社数ランキング』で1位の芦田愛菜 (C)ORICON NewS inc.
 テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは1日、『2022上半期タレントCM起用社数ランキング』を発表。俳優の芦田愛菜が15社に起用され、初の首位に輝いた。

【一覧表】2022年上半期『タレントCM起用社数ランキング』

 英語力を駆使した『ECC』、木村拓哉との絶妙なかけあいが光るリクルート『タウンワーク』、コナミデジタルエンタテインメント『遊戯王ラッシュデュエル』では“はっぴ姿”で登場し、安達祐実とはフードデリバリーサービス『Uber Eats』で共演するなど、多彩な起用が目立った。

 2位(14社)は川口春奈、昨年の年間覇者・本田翼は(13社)で3位、今田美桜は(11社)で4位、広瀬アリスは(10社)で5位につける折り返しとなった。

 おととし・昨年の(0社)から、今年上半期だけで一気に(6社)にジャンプアップした、北海道日本ハムファイターズの「BIG BOSS」こと新庄剛志監督にも注目。ペナントレース後半戦のチームの状況次第では、起用社数がさらに増加する可能性もあり、CM界においてもサプライズを期待したい。

■2022上半期タレントCM起用社数ランキング(同順位は50音順)
1位 15社 芦田愛菜
2位 14社 川口春奈
3位 13社 本田翼
4位 11社 今田美桜
5位 10社 広瀬アリス
6位 9社 石原さとみ、草なぎ剛、斎藤工、滝藤賢一、二宮和也(嵐)、広瀬すず

【調査概要】
調査項目:テレビCMに出演しているタレントの起用社数ランキング
調査期間:2022年1月1日〜6月19日
対象局:日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ(東京地区民放5局地上波オンエア分)
・番組宣伝、本人出演の番組コラボCM、本人出演のCD/DVD/アプリ/ゲーム・楽曲配信・映画CM、楽曲PV内出演、ナレーションのみでの出演等は除く
・起用社数の集計は、各タレントの「契約期間」ではなく、「出演したCMが実際に放送されたかどうか」でカウント
(すべてニホンモニター調べ/同社サイト:http://www.n-monitor.co.jp/pdf/20220701cm.pdf)

このニュースに関するつぶやき

  • 愛菜ちゃんは才色兼備な素敵な大人になりましたねww
    • イイネ!23
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(21件)

ニュース設定