名古屋市の子育て支援事業「BABY YELL!」が好評 ミルクやベビーフードのプレゼントに「羨ましい」「これは引っ越したくなる」の声

0

2022年07月01日 12:15  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真育児中の女性に届いたたくさんの種類、量のベビーフード
育児中の女性に届いたたくさんの種類、量のベビーフード

 名古屋市在住のママが、自治体の支援事業を利用して得た何種類ものベビーフード、ダンボールいっぱいの液体ミルクの写真をTwitterに投稿。多くの注目を集め、4万件を超える「いいね」が寄せられています。



【画像】名古屋市の子育て支援事業「BABY YELL!」がスゴイ



 投稿者は、Twitterユーザーのれいちゃん(@ensnnizimk)さん。名古屋市在住で、2021年9月に第一子の男の子を出産しました。投稿したたくさんのベビーフードやミルクは、名古屋市が実施する「ナゴヤわくわくプレゼント事業『BABY YELL!』」から得たものだと言います。



 「BABY YELL!」とは、名古屋市で育つ子ども(市外から転入した子どもも含む)と家族が対象の子育て支援制度。自治体が提供した5万円相当のポイントを使い、カタログギフトの中から各家庭の必要に応じた商品が選べます。カタログギフトには、衣料品、食品やおしゃぶりといった消耗品、日用品に加え、家事育児サービスの利用券、施設利用券といった幅広い商品が掲載されています。



 たくさんのベビーフードとミルクを入手したれいちゃんさんですが、「1万円ぶんの子ども商品券+まだ2万円ぶんのポイント残ってる」とツイートしています。名古屋市の支援の手厚さが感じられますね。



 投稿へは、「すごいです」「うらやましい」「これは引っ越したくなる」「各都道府県も見習うべきです」など、「BABY YELL!」をたたえる声が多数寄せられました。また、れいちゃんさん同様に制度を利用した人からは「うちも去年次男を出産後ベビーエールから来てめっちゃ助かりました」という声もありました。



 出産にはお金がかかるのに加え、子どもが小さいうちは買い物に出るのも大変な状況が続きます。パパやママの子育ての負担をぐっと減らしてくれる、すてきな制度ですね。



画像提供:れいちゃん@9m(@ensnnizimk)さん


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定