スマートニュース、国会議案データベースを無償公開 過去20年分をGitHubで

0

2022年07月01日 14:22  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真写真

 スマートニュースは7月1日、国会の過去20年分以上の議案データ約1万8000件を収集・整理し、オープンデータ化した国会議案のデータベースを、GitHubで無償公開した。GitHubを利用しない人向けに、閲覧用のWebページも公開した。



【その他の画像】



 国会で審議された法案や予算案、条約、決議案といった議案は、衆参両議院のWebサイトに掲載されている。提出者や審議された委員会、賛成・反対した政党(衆院のみ)などの情報も確認できるが、国会の回次ごと、また議案ごとにページが分かれているため、集計や検索、一覧が難しかった。



 今回、同社の「メディア研究所」が、各議案のページに掲載されている情報を収集、整理し、CSVファイルとJSONファイル形式で公開。MITライセンスに準拠し、商用・非商用を問わずオープンデータとして誰でも無償で使えるようした。



 主に報道機関や研究者に、選挙報道や調査報道、研究活動に役立ててもらいたいという。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定