プラス・マイナス岩橋、生きづらい人へメッセージ “やってはいけないことをやる衝動”抱え「矢面に立つ」

1

2022年07月01日 15:51  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『第72回 社会を明るくする運動〜#生きづらさを生きていく。〜』キックオフイベントに登場したプラス・マイナス・岩橋良昌 (C)ORICON NewS inc.
『第72回 社会を明るくする運動〜#生きづらさを生きていく。〜』キックオフイベントに登場したプラス・マイナス・岩橋良昌 (C)ORICON NewS inc.
 お笑いコンビ・プラス・マイナスの岩橋良昌が1日、東京・霞が関の法務省で行われた『第72回 社会を明るくする運動〜#生きづらさを生きていく。〜』キックオフイベントに登場した。

【集合ショット】キャラクターとにっこり!安定のジャージ姿で登場した梶原雄太ら

 吉本興業所属の芸人が多数参加し、さまざまな取り組みを行う。吉本興業は66回から参加しており、6年目のコラボとなる。BSよしもとで特番『芸人だってツライよ! トラブっちゃった座談会 #生きづらさを生きていく。』が放送予定で、出演するのは、小杉竜一(ブラックマヨネーズ)、向井慧(パンサー)、岩橋、水田信二(和牛)、村上健志(フルーツポンチ)、松浦志穂(スパイク)となる。この日は岩橋、水田、村上、松浦が登場した。

 “吉本を代表するトラブルを起こしがちなメンバー”として紹介されると苦笑いの4人。水田は「国のやさしさを感じます。こういう人間たちを放っておかないことに。非常にありがたい」としみじみ。村上は「ほかの場所だとトラブルの話をすると『お前の悪いところを見よう』ってなるんですけど、ここだと『お前の言い分も正しいかもしれないから聞いてみよう』となる」と語る一方、「そう思って臨んだんですけど俺が普通に嫌なヤツで終わりました」と苦笑いだった。松浦は「収録から2週間ぐらい経っているんですけど、また同じことを繰り返している…。でも、皆さんに会って安心した。またトラブってるだろうなと思って(笑)。仲間意識が芽生えました」と安心感を口にした。

 岩橋は「トラブりたくてトラブってるわけじゃない。持って生まれた性格は決められない。声を上げることで『僕だけじゃないんだ』と思ってもらうことが大切だと思いました」とメッセージ。「小学校2年生ぐらいから、やってはいけないことをやってしまいたくなる衝動が消えない」という“生きづらさ”を抱える岩橋は「大人になっても衝動が消えない。それ(やってはいけないこと)が浮かんで、消して、浮かんで、消しての強迫観念がずっと続いている。言うのも恥ずかしいことなんですけど、世界で僕だけだと思っていた。けど、意外にいることも判明した。僕がそういうことを矢面に立って言うことによって同じ苦しみを抱えている人に『1人じゃないよ』というのを言いたい」と熱く語っていた。

 きのうもラーメン屋で“やってはいけない衝動”が爆発したそう。1時間並んで、いざラーメンが目の前に出てきたところで「食べすに10分ぐらい背を向けた」と告白。「冷めちゃうじゃないですか。冷めたラーメンを食べてがっかりする。なんで、俺はこんなことなんだろう」と深い悩みを吐露。病院で脳波を測っても異常はなかったという。「そういう人もいると思う。僕とともに、勇気を出して改善していきたい。いろんな人がいますので」と呼びかけていた。

 “社会を明るくする運動”は、すべての国民が犯罪・非行の防止と、犯罪・非行をした人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、安全で安心な明るい社会を築くための全国的な運動。

 そのほか、佐田正樹(バッドボーイズ)、カジサック、トークイベントに谷村新司も登場した。

このニュースに関するつぶやき

  • 軽度の発達障害なんだろうね。脳波には出ないよそりゃ。でもそんな人たくさんいるし笑って生きよう。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定