USBメモリ紛失の尼崎市、調査委員会を設立 再発防止策を審議

5

2022年07月01日 18:32  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

 兵庫県尼崎市は7月1日、全市民46万人分の個人情報を保存したUSBメモリを紛失した件を巡り、調査委員会を設置したと発表した。メンバーは関西大学総合情報学部の小林孝史准教授など3人。事案の原因や対処の検証、今後の再発防止策を審議するという。



【その他の画像】



 メンバーは小林准教授に加え、神奈川県藤沢市総務部情報システム課の大高利夫さん、弁護士の櫻庭信之さん。いずれも学識や経験などを基準に選んだという。



 尼崎市は6月23日にUSBメモリの紛失を発表。市の委託業者であるBIPROGY(旧社名:日本ユニシス)の協力会社の委託先社員が、市民46万人分の個人情報を保存したUSBメモリを外部に持ち出し、紛失したとして謝罪していた。同市は24日にUSBメモリを発見。現在は保存していた個人情報を調査中という。


このニュースに関するつぶやき

  • うん、これが正しい対応だと思いますよ。市長のボーナスを無くすのではなくて。
    • イイネ!22
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定