猛暑のアキバ、売れる280mm水冷キット

1

2022年07月02日 07:32  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真7月1日昼過ぎの秋葉原中央通り。日傘を挿す男女が少なからずいた
7月1日昼過ぎの秋葉原中央通り。日傘を挿す男女が少なからずいた

 異例の早さで明けた梅雨の影響から、多くのPCパーツショップは一部のデモ機やモニターを消灯するなどの省エネ営業を実施していた。少し暗めの店内で今週から目立って売れているのが冷却パーツだ。



【その他の画像】



●KRAKEN Z63/X63シリーズは複数ショップで品薄気味



 パソコンSHOPアークは「暑さでマシンが不調になったというより、そうしたトラブルを防ぐために冷却を強化したいという人が多い印象です。水冷キットやCPUクーラー、グリスなど、全般的に動きがありますね」という。



 とりわけ人気が高まっているのが、280mmラジエーターを採用した簡易水冷キットだ。NZXTの「KRAKEN Z63 RGB」シリーズ(3万3000円〜3万5000円強/税込み、以下同様))や、「KRAKEN X63 RGB」(2万1000円前後)は週末までに一部が売り切れとなったショップがいくつかある。



 この傾向についてTSUKUMO eX.は「360mmラジエーターはケースに組み込めないという人に選ばれやすいのと、水冷キットの中でも選択肢が薄いサイズなので、特定のモデルに人気が集中しやすいところもあると思います」と読む。



 ただ、購入熱はここ数日の気温とは必ずしも連動はせず、パニック買いの様相にはなっていないようだ。オリオスペックは数年前を振り返る。



「数年前の猛暑はオーディオPCなどでファンレスマシンがはやっていたので、それはもう大変な状況になった方々がいました。現在もきついですが、あのときに比べたら……。いや本当、ファンは偉大です」



●RTX 3060カードが5万円切り――ドスパラ秋葉原本店



 冷却パーツ以外で売れ行きが目立っていたのはグラフィックスカードだ。円安傾向の中でも例外的に値下がりの話題が多いジャンルだが、今週はドスパラ秋葉原本店でPalit MicrosystemsのGeForce RTX 3070/3060搭載カードが抜きんでて安くなっている。



 RTX 3070カード「NE63070019P2-1041A」は7万3800円、RTX 3060カード「NE63060T19K9-190AD」は4万9800円と、ワンランク下のGPUを搭載するカード並の価格となっている。



 同店は「ちょうど多くのユーザーが欲しがるグレードのGPUですし、価格のインパクトもあって目立って売れています」と話していた。


ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定