46年続く夏フェア『新潮文庫の100冊』今年も開催 新聞広告に仕掛けも

3

2022年07月02日 11:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『新潮文庫の100冊』今年も開催
『新潮文庫の100冊』今年も開催
 1976年から続く夏のフェア『新潮文庫の100冊』が、今年も行われる。中高生、大学生など若い読者に向けて古今の名作傑作を100点選定し、7月・8月の2ヶ月間、全国の書店店頭で展開している(地域や書店により異なる)。

【画像】新聞広告にも仕掛けが隠されている

 今年も強力な新刊や話題の既刊が勢ぞろいで、バラエティーに富んだラインナップになっており、スペシャルな新聞広告などで紹介するプロモーションも展開。毎年大好評の「#キュンタ大作戦」キャンペーンや、大人気の「プレミアムカバー」など、楽しい話題が盛りだくさんとなっている。

 毎年話題を呼ぶ「新潮文庫の100冊」フェアの新聞広告が、今年も掲載。「この夏、100冊を読む100の理由。」をテーマに、読書好きに楽しんでもらえる仕掛けになっている。種明かしは特設サイトに掲載している。

 プレゼントキャンペーン「#キュンタ大作戦」では、フェア開催中の全国書店で「新潮文庫の100冊」から、どれでも1冊買うと「ステンドグラスしおり」をプレゼントします。さらに購入した本と「ステンドグラスしおり」を一緒に撮影し、「#キュンタ」のハッシュタグとともにインスタグラムかツイッターに投稿すると、抽選で100人に「純金キュンタしおり」が当たる(※「ステンドグラスしおり」はなくなり次第終了する)。

このニュースに関するつぶやき

  • 文庫の端っこに付いてるのを何枚か張って送るとグッズがもらえるというのが魅力的で。特に、文豪の時計とかが欲しかった時がありましたよ。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定