朝倉未来、MMA初勝利の平本蓮に「打撃について過大評価しすぎたな」戦前にKO勝利予想も厳しい評価

0

2022年07月02日 20:40  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真朝倉未来 (C)ORICON NewS inc.
朝倉未来 (C)ORICON NewS inc.
■『湘南美容外科 presents RIZIN.36』(1日/沖縄アリーナ)
 メインイベントの第13試合で、平本蓮(24)が鈴木博昭(37)に判定勝利を収め、3戦目にしてついにMMA初白星を挙げた。SNSでたびたび平本と舌戦を繰り広げている朝倉未来は、試合直後にツイッターで平本の試合の感想を語った。

【動画】ケンカ自慢が集結!朝倉未来「楽しみですね、試合が!」『BreakingDown』オーディション開催

 今回の試合について「平本のKO勝利。今回、絶対に勝つと思う。打撃勝負に徹すれば勝つ」と戦前に予想していた未来。判定勝ちという結果について「打撃について過大評価しすぎたな オープンフィンガーはなかなか倒すのが難しい 威力が足りないなー」と厳しく評価した。

 それでも「まあ、でもテイクダウンディフェンスにもっと自信がつけば打撃も強くなる」と成長ポイントも指摘した。

 試合は1ラウンドから平本が打撃でリードし、パンチを鈴木の顔面にヒットさせ、鈴木がタックルで組み付いて引き込もうとするも冷静に対応。2ラウンドになり鈴木がパンチで前に出るも、平本は冷静に対処しミドルキックとパンチを返していき、着実にダメージを与えていく。迎えた3ラウンド、劣勢の鈴木が逆転を狙い大ぶりのパンチを仕掛けるが、平本は見切って決定打を許さず、逆に自分の打撃をヒットさせていく。残り1分を切ると自らタックルを仕掛けるなど、完全にMMA仕様の戦い方を見せた。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定