「OK、“ゲルグーグル”、ガンダムの倒し方を教えて」あの世界的企業のロゴをモチーフにしたガンプラ爆誕、問いかけへの衝撃回答は?

0

2022年07月03日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『Gel-Google(ゲルグーグル)』 制作・画像提供/生米氏 (C)創通・サンライズ
『Gel-Google(ゲルグーグル)』 制作・画像提供/生米氏 (C)創通・サンライズ
 ガンプラモデラーの中には、模型サークルに所属し、周りの作品に刺激を受けて切磋琢磨する人も多い。生米さん(@namagome_gunpla)は、「モケモケ団」というサークルに所属し、SNSでの作品発表や展示会への出展を楽しむモデラー。そんな同氏が、「サークルには凄腕の方々ばかりなのでまともに作っても敵わない」と開き直って、“全力でふざけた”作品が、某“世界的企業”のロゴをモチーフにした『Gel-Google(ゲルグーグル)』。その衝撃的な発想にSNSでは6,000件を超えるいいねが集まり、賞賛された。同氏に、本作制作の裏側を聞いた。

【画像】「これは確かにあのマーク…!」見比べたい、ゲルグーググとノーマルゲルググ 

■ガンプラのパッケージを見ていて閃き「GELGOOGのGOOGにLE足したら…」

――本作を初めて見たとき「この発想はなかった」と衝撃を受けました。どのようなアイデアから発想して、制作に至ったのでしょうか?

【生米】もともとは、所属している模型サークル「モケモケ団」の展示会に出品するつもりでゲルググの制作を始めたんです。何のアイデアもないまま、とりあえず組んでたんですが、仮組みを終え、箱の前に立たせたときに、パッケージを見て、ふと気付いたんです。「GELGOOGのGOOGにLE足したら…」と。完全に悪ふざけです(笑)。そもそも、サークルに所属しているモデラ―さんは凄腕の方ばかりなので、まともに作っても敵わないですし、「どうせなら全力でふざけてしまおう!」と思って制作に至りました。

――パッケージを見ての閃きと、思い切った開き直りが本作を生んだのですね。本作の最大の特徴は「カラーリング」だと思うのですが、制作時に特にこだわった部分は?

【生米】デザインの都合上、そのままだとどうしてものっぺりした印象があったので、スジボリを追加したり、袖にメタルパーツを付けたりしています。バーニアなど、見えないところにも地味に手を入れてますよ。まぁ、おっしゃる通りカラーリングメインなので、物凄くどうでもいいんですけどね(笑)。ただ…。

――ただ?

【生米】その塗装の方も制作中にミスを連発してまして…。しかも締め切り間際だったので、修復しきれず怪しい箇所が多いんですよね。こんなに多くの方に見ていただけるとは思ってなかったので、お恥ずかしい限りです(笑)。

――そうなんですか? ロゴの『G』を構成する色だけでなく、空白部分もきちんと表現されていて、非常に芸が細かいです。

【生米】『G』のロゴは白背景なので、胴体や左腕の白はそれを意識しています。撮影ブースの背景も白にすればよかったなと今さら後悔してますが……。特に左腕の白はGの開いた部分を表現する最も大事なポイントです。SNSではそれに気づいてくれた方もいて、コメントをくださったので嬉しかったですね。

■企業に払い下げられたゲルググがPR用に塗装され…

――作品を発表される際、「ダジャレです。それ以上でもそれ以下でもありません」とつぶやかれているので、聞くのも野暮な話かもしれませんが、このモビルスーツは、ジオン軍においてどのような立ち位置で、どのような活躍をされていくのでしょうか? 背景にイメージした物語がありましたら、お聞かせいただけますでしょうか?

【生米】すみません。完全に悪ふざけなので、設定的なものは何にも考えてないです(笑)。しいていうなら軍属、戦闘用のモビルスーツではないかな。武器も持たせていませんし。どっかの企業が、払い下げられたゲルググをPR用に塗装して…とかなんじゃないですか?

――多くのコメント、いいねが寄せられていますが、制作後の反響をどのように受け止めていますか?

【生米】ただのダジャレがこんなにも多くの反響をいただくとは思ってもみませんでした。たくさんの方から温かいお言葉をいただき、嬉しい半面なんだか恥ずかしいです(笑)。僕が特に印象的だったのは「G型ですね。」というコメントです。本来G型はゲルググの陸戦仕様ですが、確かにこれもG型だな、と笑ってしまいました。

――コメントといえば、「OK ゲルグーグル、ガンダムの倒し方を教えて。」という秀逸なコメントが寄せられていました。こう投げかけられたら、どのように返信してくれると思いますか?

【生米】そうですね…。「慣らし運転はしましたか?」とか聞いてくるんじゃないですか? シャアはゲルググでガンダムに負けた際、「ええぃ!慣らし運転もしないで使うと!」とこぼしてたので、とりあえず、ガンダムと万全の状態で戦えるように。

――なるほど、ここで物語が絡んでくるわけですね(笑)。本作以外にも硬派な作品も残されていますが、ご自身が、ガンプラを制作するうえで一番大切にしていること、信条はどのようなことですか?

【生米】好きなときに好きなものを好きなように作っているので、正直特にありません。「信条がないのが信条」といっていいくらい。

――気の向くままに、好きなガンプラを手に取る。それも一興ですね。では最後に、生米さんにとって「ガンプラ」とは?

【生米】やたら仰々しいですが、「閃きを形にできるもの」でしょうか。僕はライター・校正者をしているので、日々文章を考える作業をしています。もちろん好きでやっているので楽しいのですが、仕事である以上、思い通りにできる事ばかりではありません。僕の文章力の問題もありますが、上手く文章にできない(ならない)モヤモヤが常に自分の中に溜まっていくんです。それを発散する機会が、僕にとってはプラモデルなんですよ。文章以外で自分の閃きやイメージを自由に形にできるのでとても楽しいです。その意味で言えば、今回のゲルグーグルは、僕の「ちょっとふざけたい!」という気持ちの現れなんでしょうね(笑)。

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定