『オールドルーキー』綾野剛、サッカーへの未練消えず?天才スケボー少女めぐり窮地に

0

2022年07月03日 07:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

俳優・綾野剛にとってTBS日曜劇場初主演作となるドラマ『オールドルーキー』の第2話が7月3日(日)夜9時から15分拡大スペシャルで放送される。



37歳で突如現役引退に追い込まれてしまった元日本代表のJリーガー・新町亮太郎(綾野剛)のセカンドキャリアを描く本作。第2話では9歳の天才スケートボード選手の獲得を巡って窮地に追い込まれる新町や、担当するプロゴルファー・高槻(竹財輝之助)のスランプに悩む梅屋敷聡太(増田貴久)の姿が描かれる。


新町は社長・高柳雅史(反町隆史)から、深沢塔子(芳根京子)と組んで9歳のスケートボード選手・牧村ひかり(佐竹晃)の獲得を任される。


ひかりを演じる佐竹は役柄と同じく9歳のスケーターで、キッズクラスの大会で優勝経験もある。スケートボードシーンの説得力を持たせるため、リアルなスケーターに芝居を教え込むかたちとなり、演技初挑戦にして日曜劇場でドラマデビューという異例の大抜擢。さらに監修には東京五輪で金メダルを獲得した四十住さくらが携わっている。四十住はドラマ本編にも登場するとのことどのような場面で登場するかは明らかになっていないが第1話冒頭の試合シーン同様、リアリティあふれるスケボー描写に期待したい。


第1話から一転、サッカーではないスポーツに関わることになった新町だが、ポジティブさは変わらない。予告映像からはスケボーの技に口をあんぐり開けて感激したり、自身もスケボーに挑戦したりと、新しい仕事に一生懸命に取り組もうとする姿勢が見てとれる。



ひかりの父親でコーチの悠一(桂宮治)には相手にされず、世界最大手のスポーツマネージメント会社も獲得に動き出すなど窮地に追い込まれる新町たち。サッカーへの未練がまだ残っている自分に気が付いてやるせない気持ちにもなるなか、新町は果たしてどう乗り超えていくのだろうか。さらに予告映像には、選手時代の新町を知る城拓也(中川大志)に、体を使ってなにやらアドバイスめいたことをしているシーンも。第1話に登場した矢崎十志也(横浜流星)とは異なるであろう“憧れの関係”からも目が離せない。


そして第2話では悩む梅屋敷(増田貴久)の姿も描かれる。担当しているプロゴルファーの高槻(竹財輝之助)が、極度のスランプに陥り、成績が下降。しかし高柳からはなんとか回復させるようにプレッシャーをかけられて、打つ手がなく、困り果ててしまう。梅屋敷は第1話では出番こそ少なかったものの、“ぷんぷん梅屋敷くん”の呼び名の通り、仕事への情熱が高くてちょっぴり怒りっぽいキャラクターが随所に現れていた。そんな梅屋敷が新町にツッコミを入れる予告映像のラストは「フフってなった」「何回見ても面白い」とSNSで反響を呼んでおり、第2話でたくさん活躍してくれることを願うばかりだ。


『オールドルーキー』第2話は7月3日(日)夜9時から。(15分拡大)



■日曜劇場『オールドルーキー』
TBS、毎週日曜よる9:00〜9:54

(C)TBS

    ランキングエンタメ

    ニュース設定