首位・ヤクルトを支えるリリーフ陣 大矢氏「期待に応える中継ぎが多い」

2

2022年07月03日 10:12  ベースボールキング

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真スコット・マクガフ [※写真は2020年の春季キャンプ時のもの]
スコット・マクガフ [※写真は2020年の春季キャンプ時のもの]
 2日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト−DeNA戦』で解説を務めた大矢明彦氏が、ヤクルトのリリーフ陣について言及した。

 ヤクルトは守護神・マクガフをはじめ、清水昇、田口麗斗、今野龍太、梅野雄吾、木澤尚文とリリーフ陣が非常に充実しており、救援防御率はリーグトップの2.56だ。

 2日のDeNA戦も0−1の8回が木澤、同点に追いついた9回はマクガフ、10回は清水が無失点に抑え、1−1の10回に塩見泰隆の適時打でサヨナラ勝ち。表のヒーローが塩見ならば、裏のヒーローはリリーフ陣をはじめとした投手陣だろう。

 大矢氏は「期待に応える中継ぎが多いので、ゲームが壊れないですよね」と話し、「ヤクルトは無理使いしないですよね。きちっと投げるところを決めて、それ以上投げさせないとかね。徹底して分けて使っているという感じがありますね」と述べていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
    ニュース設定