『キングダム2』山崎賢人“信”の躍動感あふれるIMAXポスター公開!

0

2022年07月03日 12:02  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『キングダム2 遥かなる大地へ』(C)原泰久/集英社 (C)2022 映画「キングダム」製作委員会
『キングダム2 遥かなる大地へ』(C)原泰久/集英社 (C)2022 映画「キングダム」製作委員会
山崎賢人主演映画『キングダム2 遥かなる大地へ』のIMAXポスタービジュアルが公開された。




先月行われた完成報告会では、前作以上に激しいアクションに挑んだ山崎さんは「物凄いパワーにあふれていて、この夏、日本中を巻き込んで一緒に熱くなっていける作品」と、橋本環奈は「どれだけ期待しても、その期待値を超えてくる作品になった」と、キーパーソン・羌瘣役の清野菜名は「完成した作品を観た時は、カッコよさでこんなに震えるものなんだと感じたし、最初の方から泣いてしまった」と前作を超える無限のポテンシャルを感じている様子だった。試写会に参加したファンからは、「前作もスケールが大きくて申し分ないのに、今作は前作を超えてきた‥」「初日にもう1回観に行く!」と感想が寄せられ、公開直前の期待感に満ち溢れている。

現在、劇場で掲出されているポスタービジュアルは、メインキャラクターたちが揃う煌びやかな一枚となっているが、今回のIMAXポスターは、たった1人で勇猛に闘う信(山崎さん)の姿が写し出されている。馬に跨りながら駆け抜け、必死の形相で剣を片手に闘う姿は、前作より逞しくパワーアップ。躍動感あふれるポスターが完成した。

王騎将軍役の大沢たかおは「スケールから何から前作よりもパワーアップしていて、作品を観た瞬間びっくりした。現場で体感した以上の作品になっているし、劇場の大きなスクリーン、大きな音で思い切り体験して欲しい」と今作を絶賛し、佐藤信介監督も「音響に関しても最初から“映画館でもっとも映える音響”を考えながら映画館用に作った」と語っており、ラージフォーマットでの上映にも要注目だ。

なお、現在発売中の「週刊ヤングジャンプ」(31号)では、原作者・原泰久のロングインタビューが掲載。脚本に参加した原さんは「続編が決まってすぐに『2』は蛇甘平原を描くことになったのですが、そのままやってしまうと『1』とは異なりほとんどが戦場シーンになってしまうんですよね。より多くのお客さんに観てもらうためには、ドラマ部分でオリジナル要素を加えることが必要かなと考えました。ドラマを描くに当たって、今作で初登場し且つ原作でも信と深い関係があるキャラクターが羌瘣だったので、『祭』を含む一連の流れを『蛇甘平原』に組み込むことになりました」と明かし、「原作にはない信と羌瘣のオリジナルシーンを描くために、連載が合併号に入るお盆休みを使って50ページほどのネームを切りました。『本来描こうとしていた信と羌瘣の物語』を表現できたと言えるかも知れません」とコメント。監督・スタッフはもちろん、山崎さんと清野さんはこのネームを熟読して撮影に臨んだという。

注目シーンは、“羌瘣のドラマ”だそうで、「僕はラッシュの段階でもう、羌瘣が登場するだけでちょっと涙ぐむような感覚でした(笑)。羌瘣の不思議と漂う哀しい空気を清野さんが上手に演じていただいています」と語り、山崎さんについても「前作からさらにスケールアップした信のアクションは注目ですね!」と話している。

「週刊ヤングジャンプ」33号では山崎さんが表紙に登場し、原さんとの対談も掲載。さらに、清野さんと羌象役の山本千尋、尾平役の岡山天音、尾到役の三浦貴大、澤圭役の濱津隆之のインタビューも順次掲載予定だ。

『キングダム2 遥かなる大地へ』は7月15日(金)より公開。



(cinemacafe.net)
    ニュース設定