岩佐美咲、松井咲子とジョイントライブ「相乗効果で、自分にはない雰囲気も出せた」

2

2022年07月03日 20:11  ORICON NEWS

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真ジョイントライブ「岩佐美咲&松井咲子 in BLUES ALLEY」の模様
ジョイントライブ「岩佐美咲&松井咲子 in BLUES ALLEY」の模様
 アイドルグループAKB48の元メンバーで、演歌歌手としてソロデビューして今年で11年目を迎えた岩佐美咲(27)と、同じくAKBの元メンバーで、現在はタレント&ピアニストとして活躍中の松井咲子(31)が3日、都内でジョイントライブ「岩佐美咲&松井咲子 in BLUES ALLEY」を行った。

【ライブ写真】松井咲子の演奏で…のびやかに歌う岩佐美咲

 2人は、AKBで同期だった大の仲良しコンビで、この日は、岩佐は歌手、松井はピアノ奏者としてオリジナル楽曲やグループ時代のなつかしいヒット曲などを歌唱&演奏する一日限りのスペシャルライブとなった。

 岩佐は「私のファーストコンサートのときにゲストで来ていただいたことはありますが、こういう形で最初から最後まで、2人だけでライブをやるのは今回が初めてです。咲子のピアノはすごく好きなので、ずっと以前から一緒にやりたいなと思っていたので、それが実現できてうれしいです」と喜び。松井は「私も美咲ちゃんと一緒にライブをやってみたかったので、今日はとてもうれしいです。歌とピアノだけでやるライブというのはあまりないのでうれしいですし、今日はぜいたくなステージだなと思います」と笑顔を浮かべた。

 13歳でグループに加入して以来、松井とは14年間にわたって公私ともに親しくしている岩佐は「咲子とはAKB48で同じチームになったことはないのですが、在籍中から仲がよかったですし、卒業してからもずっと仲良しです」と言い、松井も「お互いに相談し合ったり、悩みを打ち明けたりしています」と告白。グループの数あるヒット曲の中から「お客さんの層を考えたりして、どの世代にもわかるような曲を中心に、みんながよく知っている好きな曲、いまの季節にあった曲の中から一緒に決めました」として選曲した。

 昼夜2回公演に合わせて約200人のファンが詰めかける中、昼の第一部は、岩佐のボーカルと松井のピアノのコラボでヒット曲「ポニーテールとシュシュ」で幕を開け、ソロコーナーで松井が「会いたかった」や自身のソロアルバムに収録の「心の譜面」などをピアノで熱演した。

 続くソロコーナーで岩佐は、ソロデビュー曲「無人駅」や最新シングル「アキラ」)などを歌唱。後半は、松井のピアノ演奏&岩佐の歌唱で、カバー曲からレベッカの「フレンズ」、竹内まりやの「元気を出して」、AKB48の「365日の紙飛行機」「夕陽を見ているか?」など、2人で全13曲を披露した。

 最後まで息のぴったり合ったライブで満員のファンを魅了した松井は「現役中にこういうことがあるのは普通かもしれませんが、お互いグループを卒業して、何年もたってから大人になった私たちがまたこうやって大人な曲を皆さんにお届けできるのがうれしくて、とても感慨深いです」、岩佐は「ファーストコンサートで咲子のピアノで歌わせていただいてからもう6年がたちましたが、ずっとやりたいなと思っていたライブが実現して、本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。機会があったらまたやりたいです」と充実感をにじませた。

 松井が続けて「美咲ちゃんは演歌を中心に歌っていますが、今日歌った『フレンズ』のようなカッコいい歌も『瑠璃色の地球』(夜の第二部で歌唱した松田聖子の歌)といったバラード曲もどんなジャンルも美咲の歌声にかかればすばらしい音楽になるので、とても尊敬しています」と賛辞。岩佐も「咲子のすばらしいピアノで歌えたのはとても光栄ですし、演奏がすてきだと自然と歌うほうもテンションが上がって相乗効果で、いつもの自分にはない雰囲気も出せてすごく楽しかったです」と話していた。
    ニュース設定