【鎌倉殿の13人】さらば“頼朝”大泉洋…ファンから賛辞相次ぐ「感動をありがとう」「泣いたのは全部大泉のせい」

2

2022年07月03日 20:45  ORICON NEWS

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『鎌倉殿の13人』の場面カット(C)NHK
『鎌倉殿の13人』の場面カット(C)NHK
 俳優の小栗旬が北条義時役で主演を務める、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の第26回「悲しむ前に」が、3日に放送された。

【写真10枚】”政子”小池栄子の悲痛演技「もらい泣きした」の声

 『鎌倉殿の13人』は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の『新選組!』、2016年の『真田丸』に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜氏が務め、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

※以下、ネタバレ
安達盛長(野添義弘)が涙に暮れる中、義時(小栗旬)は先を見据え、大江広元(栗原英雄)らと頼朝の嫡男・頼家(金子大地)を次の鎌倉殿とする新体制作りを始める。

しかし、比企能員(佐藤二朗)の力が増すことを嫌うりく(宮沢りえ)が、夫・北条時政(坂東彌十郎)をたきつけてこの流れに対抗。鎌倉に不穏な空気が流れる中、狩りから戻った頼家は…という第26回のストーリーだった。

 前回のラストで落馬し、昏睡状態に陥った頼朝。政子たちの必死の介抱も虚しく、穏やかな最期を迎えた。ネット上でも悲しみが広がり「大泉洋さん、お疲れ様でした。素晴らしい鎌倉殿、ありがとうございました」「小池さんにもらい泣きした」「残念ではあるけど、穏やかな往生でよかったのでは」「大泉洋の源頼朝良かったー。来週から見れないのは残念」「感動をありがとうございました」「泣いたのは全部大泉のせい」などの声が寄せられている。
    ニュース設定