SixTONES・田中樹、TBS日曜劇場初出演 『オールドルーキー』でマラソンランナー役

1

2022年07月04日 00:21  クランクイン!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真日曜劇場『オールドルーキー』に出演するSixTONES・田中樹 (C)TBS
日曜劇場『オールドルーキー』に出演するSixTONES・田中樹 (C)TBS
 綾野剛主演の日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系/毎週日曜21時)の3話(7月17日放送)に、SixTONESの田中樹がマラソンランナー役で出演することが発表された。田中はTBS日曜劇場初出演。

【写真】大久保嘉人、加地亮、坪井慶介ら、綾野剛『オールドルーキー』に日本サッカー界のレジェンドたちが出演

 本作は、愛する娘や妻がもう一度誇りに思えるようなパパになるため、自らの人生を生き切ろうと模索する元サッカー選手の姿を描くヒューマンドラマ。日本代表まで上り詰めるも、けがの影響で現役引退し、スポーツマネジメント会社「ビクトリー」に37歳で転職する主人公・新町亮太郎を綾野が演じる。脚本は福田靖。

 7月17日に放送する第3話を彩る出演者として、スポーツマネージメント会社「ビクトリー」所属で、深沢塔子(芳根京子)が入社当初からマネージメントを担当しているマラソン界の絶対的エース・秀島修平役に田中樹(SixTONES)が決定。

 そんな田中が本作で演じるのは、大会での優勝経験も多く、世界一を目標として日々ハードな練習に励む日本のトップランナー・秀島。「ビクトリー」にとって手放すことができない顧客でもある秀島だが、優勝すると豪語していた「ジャパン国際マラソン」で惨敗してしまい、試合後の記者会見で逆ギレした様子がネットで拡散され炎上してしまう。そして、誰よりも秀島に思い入れがあり、誰よりも親身になって叱咤激励してきた塔子は、秀島から「(塔子を)担当から外せ」と言われてしまい…。

 秀島を演じるにあたり、マラソンランナーとしての“走り”をよりリアルに近づけるために、撮影前に青山学院大学陸上競技部のバックアップで練習を重ねた田中。ユニフォーム姿はまさにトップランナーそのものだ。田中演じる秀島が魅せる“走り”は、新町や深沢にどのような影響を与えるのだろうか…?

 田中は「日曜劇場への出演が決まったとき、うれしい気持ちと、緊張が同時に押し寄せてくるような気持ちでした」と感想を。「青山学院大学の陸上競技部にお邪魔させていただき、本格的な指導を受けさせていただきました。練習では全日雨にもかかわらず撮影日は猛暑日で、体力的にも非常に厳しかったですが、クオリティーの高い映像が撮れたと思います」と手ごたえを口に。

 そして「リアルを追求した作品なので、心が動かされ、作品に入り込めると思います。人との繋がりを強く感じてもらえる内容になっているので楽しんでもらえたらうれしいです」と語っている。

 第3話ではアスリートのフィジカルの部分ではなく、メンタルにスポットがあてられる。アスリートはいつでも輝かしい結果が出せるわけではない。その時マネージメントはどのように寄り添うのか、元アスリートである新町はどのような言葉を投げかけるのか。

 日曜劇場『オールドルーキー』第3話は、TBS系にて7月17日21時放送。
    ニュース設定