リビングを映画館に。フィリップスの新プロジェクターは56センチ先に120インチ投影!

1

2022年07月04日 09:01  Techable

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
パソコンやスマホでデジタルコンテンツを閲覧するのは当たり前の時代ですが、時として大スクリーンで映像を楽しみたいというときもあるでしょう。しかし大型のテレビやスクリーンは高価で、しかも場所をとります。

そんなシーンで解決策となるのがプロジェクター。フィリップスが現在クラウドファンディングサイトIndiegogoでプレオーダーを受け付けている「Screeneo U4」はコンパクトサイズで、56センチという至近距離から最大120インチを映し出せます。
短焦点タイププロジェクターの売りは、白い壁や幕などがあれば所構わず映像を映し出せること。Screeneo U4は35〜120インチを投影できます。120インチというと一般的なラップトップの5倍超となかなか迫力ある大きさです。

しかも短焦点で、60インチを映し出すには壁から19.5センチ離すだけ。80インチの場合は30.5センチ、120インチであれば56.5センチの距離で映し出せます。
HDR10対応気になる解像度はというとフルHD(1080p@60fps)。HDR10にも対応し、またTI DLPシネマテクノロジーにより、鮮明でリアルな映像となります。明るさは400ANSIルーメンです。

音響面では15Wのスピーカーを2基内蔵し、迫力あるサウンドが楽しめそうです。映画やスポーツゲームなどを視聴するときはもちろん、Bluetoothスピーカーとしてペアリングしたスマホやタブレットに入っている音楽を聴くのにも使えます。
大画面でゲームもBluetoothでつなげたデバイスの映像投影ができるのに加え、搭載するHDMIやUSB-Aのポートでさまざまなデバイスをつなげることができます。コンソールを接続させて大画面でゲームするという使い方もありでしょう。

Screeneo U4はすでに目標を大幅に超えるプレオーダーを集め、9月にも発送が始まる見込みです。本稿執筆時点の最安値は619ユーロ(約8万7000円)。申し込み期限は7月14日となっています。

Screeneo U4/Indiegogo

このニュースに関するつぶやき

  • 400ルーメン程度では、真っ暗にして映画館みたいなリビングじゃないと無理そうですね。もうちょいだなあ・・・。
    • イイネ!2
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定