仕事もプライベートも“リア充”のはずが円形脱毛症に…心身の不調を見落としがちな理由とは

0

2022年07月04日 11:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真忙しい日々を送っていれば疲れやストレスもたまる。心身のサインを見逃してはいないだろうか(photo 写真映像部・戸嶋日菜乃)
忙しい日々を送っていれば疲れやストレスもたまる。心身のサインを見逃してはいないだろうか(photo 写真映像部・戸嶋日菜乃)
 少し無理をしてでも、仕事には全力で取り組みたい──。そう考える社会人は多いだろう。だが、無理が重なれば、心身に不調をきたすこともある。AERA 2022年7月4日号から。


【写真】軽い運動や筋トレは健康面でも美容面でも効果的
*  *  *


 仕事もプライベートも大充実している、はずだった。


 東京都在住の20代女性は、希望してファッション関係の仕事に就いた。業務は早朝出社、深夜帰宅はざらだ。だが、やりがいがある。休日は休日で忙しい。彼氏とデートし、自分磨きのため、美容院やエステ、ネイルサロンに通った。


 毎日フルパワーで輝いている。そう思っていた。円形脱毛症ができたのはそんな折だ。


 脱毛を見つけた時、「“リア充”もストレスになるんだな」となぜか笑えた。円形脱毛症経験者の友人から「ストレスだけが原因じゃないかも。病院へ行ったほうがいい」と助言されたが、日々に追われ、いまだに病院探しさえできずにいる。


ストレス解消の間食で


「ポテチが、私の癒やしでした」


 30代の女性は、自らの5年前を思い出して苦笑した。当時はフリーライターへ転向したばかり。仕事が途切れるのを恐れ、依頼はすべて受けた。締め切りが重なり、自宅にこもりっきりの日が続いた。友人たちの楽しそうなSNS投稿を尻目に、ストレス解消にと食べたのが大好きなポテトチップス。しょっぱいものの後は、アイスクリームにも手が伸びる。顔には吹き出物ができ、いつの間にか体脂肪率は30%を超えた。


 いまでこそ独立以前の体重に戻ったが、一時期、体のコンディションは「最悪」だった。


 仕事に邁進(まいしん)する女性は多い。一方で、セルフケアがおざなりになってはいないだろうか。


 複数の企業で産業医を務める池井佑丞医師(「リバランス」代表)が言う。


「高熱が出ている時、『日ごろの不摂生のせいだから』とジョギングを始める人はいませんよね。ところが、ストレスの場合、心身の不調が生じていても、そのサインを無視して頑張りすぎてしまうんです」




 池井医師はやる気を「火種」、行動を「薪(たきぎ)」に例える。火種と薪のどちらが欠けても火は燃えない。より大きな火に育てるためには「環境」も重要だ。


「火種、薪、環境がバランスよくそろってこそ、前向きな気持ちで仕事や社会生活を送ることができる。しかし、どれかに問題が生じれば、心身の健康に響きます。いわゆる“燃え尽き症候群”に陥りかねませんし、放置すればうつ病などを招きかねません」


 燃え尽き症候群とは、仕事や社会生活へのエネルギーが枯渇した状態のこと。今年、約30年ぶりに改訂されたWHOの国際疾病分類「ICD−11」に新たに加えられた。


 AERA編集部では、ストレスに関するアンケートを実施(回答910人)した。「ストレスが仕事のクオリティーや人間関係に影響すると思いますか?」に「はい」と回答した人は90%を超えた。(ライター・羽根田真智)

※AERA 2022年7月4日号より抜粋


>>【後編】歯磨きしながらのかかと運動、温泉、アロマ…メンタルヘルスに有効なプチルーティンとは


    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定