ケガを乗り越え…“34歳”MFフェルナンドが意気込む「新しい夢を見るのに年齢は関係ない」

0

2022年07月04日 12:18  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真フェルナンドが自身の公式SNSに意気込み示す [写真]=Getty Images
フェルナンドが自身の公式SNSに意気込み示す [写真]=Getty Images
 セビージャのブラジル人MFフェルナンドが自身の公式Instagramを更新し、新シーズンに向けて意気込みを綴った。

 1987年7月25日生まれのフェルナンドは現在34歳。2005年に母国ブラジルのヴィラ・ノヴァでプロキャリアをスタートさせると、ポルトやマンチェスター・Cなどでプレーし、2019年夏にセビージャへ加入した。フレン・ロペテギ監督から絶対的な信頼を得て、2019−20シーズンの公式戦42試合に出場。ヨーロッパリーグ(EL)決勝戦でも先発フル出場の活躍を見せ、セビージャの同大会7度目となる優勝に大きく貢献している。

 セビージャ加入後2シーズン連続で、ラ・リーガ30試合以上に出場したフェルナンド。しかし、2021−22シーズンは負傷の影響で終盤戦を欠場し、同リーグ24試合の出場にとどまっていた。

 今年4月に左足首の手術を実施したフェルナンドは、新シーズンに向けて順調に回復を遂げている。自身の公式Instagramにリハビリを行う様子を投稿してきた同選手は3日、昨年4月度のラ・リーガ月間MVP賞を受賞した際の写真とともに意気込みを綴っている。

「今シーズン、この偉業を再び繰り返すことができると思うかい? 新しい目標や夢を見るのに年齢は関係ない」

 まもなく35歳の誕生日を迎えるフェルナンドは今年1月、セビージャとの契約を2024年6月30日まで延長した。果たして2022−23シーズン、ケガを乗り越えたフェルナンドはどのような活躍を見せてくれるのだろうか。 

この投稿をInstagramで見る Fernando Reges luso-brasileiro(@fernandoreges)がシェアした投稿
    ニュース設定