シンシア・エリヴォがバイセクシャルを公表「不安と恐怖が妨げになっていた」

1

2022年07月04日 14:12  cinemacafe.net

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真シンシア・エリヴォ Photo by Leon Bennett/Getty Images for The Recording Academy
シンシア・エリヴォ Photo by Leon Bennett/Getty Images for The Recording Academy
シンシア・エリヴォが、LGBTQ+であることを公言しているアリアナ・デボーズ、カーラ・デルヴィーニュらと英「VOGUE」誌8月号の「プライド」特集に登場。バイセクシャルであることを公表した。

自身がカミングアウトするには、とても長い時間がかかったと話すシンシア。「(LGBTQ+の人々は)愛し方が違う、表現の仕方が違うというだけなのに、平等な存在として扱われる価値があるように、いつも正当化する必要を感じています」とLGBTQ+の人の気持ちを代弁した。「そのことを非難されるよりも、勇敢であることを称賛されるべきなのです。自分のありのままの姿を見せる場所を人々に提供すること。それが最も大切です」と力強く語った。



シンシアは「VOGUE」誌の表紙を飾り、カミングアウトしたことをインスタグラムで報告。「ありのままの私をすべてシェアするのに、不安と恐怖が妨げになっていました。そしてきょう、私は#プライドと私のそばに寄り添ってくれる素晴らしい人たちと一緒に、もう少し私についてシェアしたいと思います」とつづり、「VOGUE」の関係者らに感謝を述べた。

シンシアは2021年、「Evening Standard」とのインタビューで「クィアである」と語ったことがある。しかし、当時は「必ずしもカミングアウトする必要があると感じたことはありません。だれにも尋ねられたこともなかったので」と、カミングアウトの必要性には否定的だった。



(Hiromi Kaku)
    ニュース設定