<働くママの価値観>大金が手に入ったら、仕事は辞める?働くことの意義とは

1

2022年07月04日 15:21  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ


仕事をしているママさんたち、働く理由はなんですか? 子育てしてるうえに、家事もある。忙しいはずなのにそれでも働くのは、やはりお金のためでしょうか?

ママスタコミュニティに「お金がいくらあったら、働かない?」というトピックがありました。投稿者さんはたくさんお金があるのなら、働かなくても済むと考えているようです。つまり、投稿者さんが働いている目的は「お金」というわけです。

仕事を辞めてもいいと思える金額は?5億円あっても、足りない?


『いくら貯金があれば、働かない? 私は2億円くらいかな。宝くじで3億円当たったら、もう仕事はしないわ。今の貯金額はまだまだだから、働くのみ』
投稿者さんが、尋ねます。宝くじの高額当選は、誰もが一度は夢見ることですよね。集まったコメントを見てみましょう。
『私は1億5000万円かな。4000万円でローンを返済、1億円は崩しながら投資して、って感じ』
『1億円を投資して、年利5%の利益があればやっていけるな。とりあえず離婚して、子どもを連れて家を出る』
大金があればどんなふうに使うのか、具体的に考えているママもいます。使い道として多かったのは、投資運用。元手が大きいだけに、うまくいけば見返りも大きいでしょう。他にも「そのお金で安い中古マンションを買って、リノベーション後に貸し出す」というコメントもありました。

低い額では「5000万円」、最高額は「5億円」。回答をくれたママたちは、これだけのお金があれば働かなくて済むと考えているようです。1億円くらいまでなら使い道の想像もできそうですが、5億円となると”とにかく多い”としか考えられない人もいるのでは?
『人間は欲張り。「1億円あったら仕事は辞める」と言いつつ、それが現実になったら3億円、5億円、10億円と求める金額には天井がない』
たしかに人の欲望にはキリがなさそうです。仮に一生で使い切れないほどの大金を手にしたとしても、次は「これが少しでも減るのが怖い」と考えてしまうかもしれません。

「お金はあっても、働きたい!」それぞれの理由とは?


しかし、もっとも多かったのは「お金はいくらあっても、働きたい」という意見でした。多くの人は投稿者さんと違い、お金のためだけに働いているわけではないようです。

働いていないと不安

『億の貯金があったとしても、仕事は辞めないな。貧乏性だから不安なんだよね。貯金は使えばなくなるじゃん。毎月それなりの定収入は欲しい』
『多分いくらあっても、今と変わらず週2くらいで働くと思う。私は働かないとボケるのが早いと思うし、お金があっても遊ぶ体力も気力もないから』
「不安だから、お金がいくらあっても働きたい。夢がないね」と自虐を込めたコメントをくれたママもいました。”貧乏性”を自認する人もいます。「働かないと、ダメ人間まっしぐらになる」「私は働かないと、脳も見た目も老ける」などの声もありました。人間、多少のストレスがあったほうが頑張れるのかもしれません。

専業主婦に向いていない

『ずっと働く。専業主婦は退屈過ぎた』
『社会とのつながりや、生活のメリハリが欲しい。子どもが赤ちゃんの頃は専業主婦だったけど、いつも無料の求人誌を見つめていたな』
「誰かに養ってもらう生活は、性に合わない」というママもいました。過去に専業主婦の経験があるママたちのコメントには、実感がこもっています。自分の人生を自分でハンドリングしたいと考える人は多そうですね。

仕事にやりがいを感じている

『いくらあっても働くよ。お金だけが目的じゃないし。大学で学んだ知識や、つちかってきたスキルがもったいないもの』
『お金のために働いているわけではないからな。今もお金に困っていないけど、楽しいから働いている』
「仕事が楽しい」「やりがいがある」と回答したママたちも、少なくありませんでした。仕事自体でなくても「同僚と会うのが楽しい」「今の会社が好き」など、自分に合った環境で働いているママたちもいるようです。

仕事を趣味にして、のんびり働きたい。起業もアリ!



またどちらの回答にも当てはまらない、「仕事は辞めないけれど、働き方は変える」という声も目立ちました。こうした回答をくれたママたちは、働く理由の何割かを、「お金」と考えていることがわかります。
『お金はいくらあっても、働くと思う。ただ、自分の興味が生かせる仕事をしてみたい。あとはおしゃれなオフィスで働いてみたい(笑)』
あまり収入は期待できないけれど、ずっとやってみたかったこと。あくせく働かなくてもよい余裕があるからこそ、できることですね。
『正社員からパートになって、のんびり働く。そして子どもたちが自立したら、別荘を買ってのんびり暮らす』
「働き方を変える」と回答した誰もが口を揃えたのが、「のんびり働く」ということでした。毎日フルタイムで働いているところを「週2〜3回に減らしたい」ママもいます。仕事を趣味にするような感覚でしょうか。
『私、それだけの資金があるなら、起業したいわ』
お金を活かして、仕事もバリバリする。これが究極の回答かもしれません!

こうしたみなさんのコメントを見て、投稿者さんにも気づきがあったようです。
『みんなすごいね! 私はダラダラするのが好きだから、お金さえあれば専業主婦がいいな。でもたしかに働く目的はお金だけじゃないよね。得られるものがたくさんある。週に1〜2回のゆるいパートはしておこうかな!』
投稿者さんも働くことの意義を感じた様子です。いつか宝くじが当たったときのために、今から心の準備をしておくのもよいですね。みなさんの場合はどうでしょう? 想像してみると、仕事に対する自分の価値観に改めて気づくこともありそうです。

文・鈴木麻子 編集・すずらん イラスト・善哉あん

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • え、いくらあっても辞めないよ。まあ生活には困らないし学校行き直して資格取って、ぐらいはしたいけど資格取ったらまた働く。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定