Microsoft Edge、最新安定版(v103.0.1264.44)公開 特権昇格の脆弱性を修正

1

2022年07月04日 17:52  ITmedia PC USER

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真Microsoft Edgeの最新安定版がリリースされた
Microsoft Edgeの最新安定版がリリースされた

 米Microsoftは6月30日(現地時間)、Microsoft Edgeの最新安定版となるバージョン103.0.1264.44をリリースした。Microsoft Edge固有の脆弱(ぜいじゃく)性を修正したセキュリティアップデートとなっている。



【その他の画像】



 「CVE-2022-33680」で管理させるこの脆弱性は、攻撃者が特権昇格によりブラウザのサンドボックスがエスケープされる可能性があるというもの。ただし、悪用するには細工をしたWebサイトにターゲットを誘導する必要があり、これまで脆弱性が利用されたという報告はない。ただし、悪用された場合の影響は大きいため、深刻度は「重大(Important)」となっている。



 なお、利用しているEdgeのバージョンはメニューの「ヘルプとフィードバック」から「Microsoft Edgeについて」を選択すると表示される画面で確認できる。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定