最強ジャンプで“バズリスター”紹介、「SPY×FAMILY」などジャンプ+作品や木村昴

0

2022年07月04日 18:29  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真最強ジャンプ8月号
最強ジャンプ8月号
本日7月4日に発売された最強ジャンプ8月号(集英社)では、「最強ジャンプ的2022年上半期 最強バズリスター 裏側潜入スペシャル」と題した特集が組まれている。

【大きな画像をもっと見る】

最強ジャンプ編集部がセレクトした、2022年上半期にバズったものを紹介する同特集。遠藤達哉「SPY×FAMILY」、松本直也「怪獣8号」、タイザン5「タコピーの原罪」の少年ジャンプ+作品と、「おはスタ」でメインMCを務めるスバにぃこと木村昴が最強バズリスターとして選出されている。

「SPY×FAMILY」「怪獣8号」「タコピーの原罪」のページでは、それぞれを担当する編集者の“仕事ルール”を解説。また「SPY×FAMILY」に関しては遠藤の仕事場訪問レポートを掲載しているほか、マンガができあがるまでをネームなどとともに紹介している。さらにアニメ「SPY×FAMILY」の資料や、アニメでロイド役を務める江口拓也、アーニャ役を務める種崎敦美、ヨル役を務める早見沙織へのQ&Aも収められた。木村の紹介パートでは、「おはスタ」の収録の模様に密着している。

なお「少年ジャンプ+ バズり作品 大解剖マンガ!!」と銘打ち、「SPY×FAMILY」、龍幸伸「ダンダダン」「怪獣8号」「タコピーの原罪」の各担当編集者に作品ができるまでを聞いたレポートマンガも掲載。マンガは大江しんいちろうが執筆した。このほか「SPY×FAMILY」「怪獣8号」「タコピーの原罪」、木村のマスキングテープ、「SPY×FAMILY」のポストカードも付属している。

※種崎敦美の崎はたつさきが正式表記。

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定