ABCテレビ“大型新人”2人がデビュー 福戸あやアナは“甲子園”を経験&平野康太郎アナは“箱根駅伝”出身

0

2022年07月05日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真ABCテレビ2022年度新人アナウンサー(左から)福戸あや、平野康太郎 (C)ORICON NewS inc.
ABCテレビ2022年度新人アナウンサー(左から)福戸あや、平野康太郎 (C)ORICON NewS inc.
 ABCテレビに今年4月入社した新人アナウンサーの福戸あや(ふくと・あや=23)と平野康太郎(ひらの・こうたろう=22)が、あす6日放送の『おはよう朝日です』で番組デビューすることが決まった。ABCラジオ『おはようパーソナリティ 小縣裕介です』にも出演し、それぞれラジオニュースで初の原稿読みに挑む。“初鳴き”を前に福戸アナと平野アナが4日、大阪市内の同局で取材会に出席し、初々しく意気込みを語った。

【写真多数】福戸あやアナのキュートな敬礼ポーズや168センチの全身ショットも

 福戸アナは、兵庫県西脇市出身で、慶応義塾大学を卒業。高校時代にはアナウンス部に所属し、夏の甲子園の開会式で司会を務めた。また、甲子園に徹夜で並ぶほどの高校野球ファンだったという。24日スタートの『甲子園への道』で東留伽アナとダブルキャスターを務めることが決まり、「高校野球に携わることが夢だった」と満面の笑み。『熱闘甲子園』などのヒロド歩美アナがあこがれと明かした。

 平野アナは大阪市出身で法政大学を卒業。陸上部で駅伝に打ち込み、箱根駅伝のメンバーには入れなかっったが、吸水係としてチームを支えた。『甲子園への道』でリポーター(ローカルゾーン)を担当するほか、21日から『おはよう朝日です』木・金曜の芸能&サブアナウンサーも担うことになり、「アナウンサーとしても他人のために汗をかきたい」とガッツポーズ。高野純一アナらのスポーツ実況を理想に掲げ、もちろん阪神ファンであるとアピールした。

 指導を担当した小寺右子アナは「とにかく真面目」と2人を評し「ここまで大変良い仕上がり」とアナウンス力に太鼓判。一方で「真面目さゆえに面白くないんです。バリバリ、コテコテの関西人のはずなんですけど…。ボケ&ツッコミの技術も身につけていっていただければ」と笑いを交えてエールを送った。

 先輩から激励を受け、新人アナ2人は個性アピールに奮闘。福戸アナは「上戸彩さんと名前が似ていることが取りえ」とはにかみ、高校時代にパトカーに向けて敬礼ポーズをとったところ、同乗させてもらえたというエピソードも披露。また、平野アナは清風高校時代に覚えたという般若心経や「エッサッサ」(体育会の応援スタイル)を披露してわかせ、乃木坂46の遠藤さくらが“推しメン”とも明かした。

 福戸アナは168センチ、平野アナは181センチで、同局アナとしても例年以上の“大型新人”になるという。
    ニュース設定