堂本剛、ENDRECHERI×ZOZOコラボアイテム販売「僕の人生の中でも大きな宝物」

1

2022年07月05日 12:20  ドワンゴジェイピーnews

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

ファッションEC「ZOZOTOWN」が、2022年にシンガーソングライターデビュー20周年を迎える堂本剛とのコラボレーションアイテムを、7月7日(木)ZOZOTOWN限定で受注販売を開始。全9型のアイテムの受注販売期間は2回に分けられ、7月7日からの受注販売第1弾では4型、8月10日(水)からの第2弾では5型の受注販売(※1)を実施する。



2022年3月に始動した「堂本剛プロデュース」内のプロジェクトのひとつ、株式会社ZOZOと堂本剛のコラボレーション企画「ENDRECHERI × ZOZO」では、堂本剛自身が、アイテムのデザインから色選び、イメージビジュアルのディレクションなど、細部にまでこだわりプロデュースしたオリジナルファッションアイテム全9型を当社が制作し、販売。


「服を着るということ自体が、環境について考えるきっかけになるということを伝えるようなプロデュースをしたい」という堂本剛の想いのもと、各アイテムのコンセプト考案をはじめ、サステナブルな素材を一部使用したり、過剰在庫を生み出さない販売形式として受注販売にするなど、SDGsの要素も含めたアイテムプロデュースをおこなった。プロデュースの全容は「GYAO!」オリジナル番組『つよしP』で現在無料配信中、また、ZOZOTOWN上の各アイテムの商品ページでもご本人のコメントが公開されている。


本企画の売上の一部は公益社団法人・国土緑化推進機構が運営する「緑の募金」に寄付され、寄付金は未来の担い手である子どもたちへの森林環境教育をはじめとした国内外の森林づくりや人づくりなど、様々な取り組みに活用される予定。


<堂本剛 コメント>

最初お話をいただいたときは、ワクワクする気持ちと同時に緊張感もありました。(服を着る人が)自分で決めて選択した「かっこいい」「かわいい」という個性を大事にしながら、なるべく多くの人がそれを体感出来る服作りを意識しました。そして地球のこれからのために、環境に対しても、僕たちがいまこの段階で出来る配慮をこの服とプロジェクトに詰め込みました。ZOZOさんとは、しょうもないことでめちゃくちゃ笑い合いながら最後まで辿り着けました。途中からZOZOさんも僕に洗脳されて、すごく変なビジュアルを撮ったりしたのですが大丈夫ですかね‥(笑)。決まり切ったカタチを全て取っ払い、すごく自由に直感的に服をプロデュースできたことは、僕の人生の中でも大きな宝物になりました。


(※1)第1弾、第2弾で販売した商品は、販売期間終了後に再度販売する可能性あり


(C)堂本剛プロデュース

    ニュース設定