中川翔子、20年前の“水着ショット”に照れ笑い「青春って感じ」 10年ぶり写真集反響に喜びも

0

2022年07月05日 15:37  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真20年前の水着ショットに照れ笑いした中川翔子 (C)ORICON NewS inc.
20年前の水着ショットに照れ笑いした中川翔子 (C)ORICON NewS inc.
 タレントの中川翔子(37)が5日、都内で行われた『ミスマガジン2022』のベスト16お披露目会見に出席。17歳の時に『ミスマガジン2002』でミス週刊少年マガジンを獲得した際の表紙カットが公開されると「うわー初々しい! 顔がかたまり倒しています。青春っていう感じがしますね」と照れ笑いを浮かべた。

【動画】20年前のことを振り返る中川翔子

 10年ぶりの写真集『ミラクルミライ』(講談社)が大きな反響を呼んでいるが「デジタル時代に紙の本が重版かかるってうれしい」と満面の笑み。「『ミスマガジン』の頃から応援してくださる人もいらっしゃったり…。母は、ダンボールで8箱買っています(笑)。すべては『ミスマガ』からはじまったので、よかったです」とかみしめるように語っていた。

 同コンテストは1982年から始まり、今年で38周年と雑誌業界で最も歴史のあるミスコン。初期には女優の斉藤由貴や細川ふみえなど、以降も中川翔子、岩佐真悠子、山崎真実、北乃きい、倉科カナ、桜庭ななみ、新川優愛、衛藤美彩らを輩出してきた。2011年度を機に休止していたが、2018年に復活。“令和のグラビア女王”沢口愛華などが誕生するなど、アイドル業界でも注目の的となっている。

 今年の応募者総数は3108人。グランプリには、『ミスマガジン』40周年を記念して、例年の倍額となる賞金200万円、同誌のソロ表紙レギュラー&ソロ写真集発売確約という3大特典が与えられる。この日のイベントでは、ベスト16がお披露目された(※広田望愛は体調不良で欠席)。

■『ミスマガジン2022』ベスト16
瑚々(ここ/17)、麻倉瑞季(あさくら・みずき/20)、藤本沙羅(ふじもと・さら/18)、金井柚那(かない・ゆうな/17)、藤井友美(ふじい・ゆうみ/18)、山田麗華(やまだ・れいか/19)、咲田ゆな(さきた・ゆな/19)、加藤舞(かとう・ひらら/16)、船井美玖(ふない・みく/21)、広田望愛(ひろた・のあ/17)、田島怜華(たじま・れいか/15)、相垣梨々花(あいがき・りりか/18)、三野宮鈴(さんのみや・すず/18)、Ayua(あゆあ/15)、長山莉々(ながやま・りり/17)、斉藤里奈(さいとう・りな/21)


動画を別画面で再生する



    ニュース設定